« 感想「Maximum Bob」 | トップページ | 感想「いつも、気づけば神宮に」 »

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(6/9)

2017.6.9 (金) 13時 ヤクルト戸田球場
G 00001000000 1
S 00100000000 1

陽射しが強くて暑かったが、雲が結構多くて、陽が翳れば割としのぎやすかった。

先発投手はヤクルト館山、巨人大竹。どちらも悪い出来ではなかった感じ。
3回にヤクルトが先制したが、三輪がツーベースで出て、内野ゴロで三進した後、山崎の足で稼いだ内野安打で還ってきたもの。この場面以外は大竹が投げていた6回までで、ランナーが二塁まで行ったのは一度だけ。
館山は5回に1失点したが、こちらも藤村がツーベースで出て外野フライで三進し、内野ゴロで還ってきたもの。館山も5回まではランナーを二塁に進められたのはこれだけで、今年見た中では一番の安定感だったかもしれない。それでも6回7回は得点圏に走者を背負ったが後続を断ち、8回1失点で降板。
ただ、ヤクルトも巨人も、2番手以降の投手を全く打てなかった。ヤクルトはギルメット、菊沢、竹下と繋ぎ、巨人は土田、中川、戸根、乾のリレー。四死球は双方あったが、ヒットが全く出なかった。
そう考えると、投手が好投したというより、貧打戦だった?という気もしないではない。ヤクルトはグリーンと廣岡が上に行って、打線の薄さは否めなかった。もっとも、巨人の方は、そこそこのメンツがいたけれど(立岡、ギャレット、堂上、藤村、松本…)。館山は、そういう選手たちにはそれなりにヒットを打たれていたから、それを考えると、1軍ではどうなんだろうなと思ってしまうが。

そんなわけで、結果は延長11回引分け。
20170609kyujo
20170609board
20170609encho
20170609end
20170609score

|

« 感想「Maximum Bob」 | トップページ | 感想「いつも、気づけば神宮に」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65392679

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対巨人(6/9):

« 感想「Maximum Bob」 | トップページ | 感想「いつも、気づけば神宮に」 »