« 感想「ネロ・ウルフの事件簿 アーチー・グッドウィン少佐編」 | トップページ | J2リーグ第20節名古屋対長崎 »

セリーグ ヤクルト対DeNA(6/23)

2017.6.23 (金) 18時 神宮球場
B 0001400020  7
S 0010040201X 8
[勝]石山、[敗]平田
[H]B:戸柱(ブキャナン)、筒香(ブキャナン)

リーグ戦再開初戦。だいたいこういう節目でDeNAと当たると、DeNAが勝負弱さを発揮してくれちゃう、というイメージだったが。

先発投手はヤクルトがブキャナン、DeNAが井納。
1回、3回とブキャナンはランナーを3塁に置いたが、DeNAの拙攻にも助けられ無失点。そうすると3回裏にヤクルトが坂口のツーベースで手堅く先制。
しかし4回表に、ブキャナンが戸柱に一発を浴びて、あっさり同点。さらに5回には、梶谷のタイムリーで1点失って逆転された後、筒香にスリーランを食らって4点差。今日のDeNAは、いつもと違うみたいだと思った。
しかし6回裏に、井納が崩れた。グリーンが粘って出た四球から、2四球1安打で無死満塁。ここから内野ゴロ2つで2点を返し、さらに坂口、上田の連続ツーベースで一気に同点。
8回裏にはDeNA3番手の砂田から、ヒットと四球で2死1-3塁。上田のスリーベースで、2点勝ち越し。
後は9回表を秋吉が抑えるだけだったが、ヒット、四球、犠打で1死2-3塁になり、桑原にスリーベースを打たれて、まさかの振り出し。しかし、ここで勝ち越せないのがDeNAの勝負弱さだったな。
延長に突入した10回裏、DeNA5番手の平田から、先頭の藤井がヒットで出て、井野が送り、武内の右中間へのタイムリーでサヨナラ。

今年は1軍に昇格してから、そこそこの打率を残して、1軍に居続けてるとはいえ、このタイミングで、近年、終わった感の強かった武内のサヨナラ打&ヒーローインタビューを見るとは。ちょっとびっくり。でも、まあ、良かったんじゃないかな。
で、やっぱりDeNAは勝負弱かったと。牽制死とか、チャンスで出ないタイムリーとか、拙攻が多過ぎたな、という感じ。
それにしても、秋吉もあかんね。登板間隔が開き過ぎた?
同じくらいあかんのは山田だろう。1安打はあったけど、これも半分はDeNAの守備ミスぽかったし、内野ゴロに終わった6回と8回のチャンスのどっちかで打っていれば、もっとすんなりヤクルトが勝っていたはず。いまだにスランプから抜けられてないらしい。
20170623board
20170623kyujo
20170623encho
20170623end
20170623score
20170623takeuti
20170623mascot

|

« 感想「ネロ・ウルフの事件簿 アーチー・グッドウィン少佐編」 | トップページ | J2リーグ第20節名古屋対長崎 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65450239

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対DeNA(6/23):

« 感想「ネロ・ウルフの事件簿 アーチー・グッドウィン少佐編」 | トップページ | J2リーグ第20節名古屋対長崎 »