« 久留米、筑後国分寺跡 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(6/20) »

ファーム交流戦 ソフトバンク対巨人(6/18)

2017.6.19 (日) 13時 タマホームスタジアム筑後
G 010000500 6
H 000000110 2
[勝]今村、[敗]攝津
[H]H:真砂(中川)

俺にとっては、赤の他人同士の試合だけど、こういうタイミングでもないと、来る機会のなさそうな球場なので。
これで現行12球団のうち、ファームチームの本拠地主催試合に行ったことないのは広島だけになった。でも、何かのついでに、由宇へ行くのは難しそうだ。

タマスタ筑後は、数年前の鎌スタととてもよく似ていた。まだ、今の鎌スタほどは突き抜けてないという意味で(^^;)。今の鎌スタって、ある意味、(球場運営的には)野球自体はどうでもいいと思ってるフシがあるけど、ここはそれはない。
ただ、この球場は九州新幹線も止まる筑後船小屋駅の真ん前にあるが、駅の周辺に町はなくて、ほぼ公園と田園しかない。平日昼の開催が多いファームの試合を安定して運営していくには、常連になってくれる近所の暇なオヤジの群れが欠かせないのでは、と思っているが(それこそ鎌ヶ谷オヤジみたいな)、ここでそういう層をつかむのは難しそうに思える。どうなっているんだろうか。

試合の中身は、まあ、ある意味、どうでも良かったんだが(^^;)。
ソフトバンク先発の攝津が、序盤のボール先行の不安定なピッチングの中で1点を失い、負け投手になった。よく1点で済んだなというのと、4回以降(6回まで)はよく立ち直ったなという感じ。ただ、7回に代わって登板した島袋が、四球4つで押し出しの1点、さらにリリーフの野澤が連打されて追い打ち。
ソフトバンクも、0対6になった7回に、真砂が巨人2番手中川からソロホームラン、8回には3番手土田から、連打でもう1点取ったものの、リリーフの乾、戸根に後続を断たれた。
勝ち投手は巨人先発の今村。それほど安定感は感じなかったし、6回には力尽きて、四球3つで2死満塁のピンチを中川に救ってもらう内容だったが、不思議と打たれず、クリーンヒットは1本だけだった。適度に荒れてたということかな。あと、巨人の内野守備がとても良かった。特にサードの柿澤は好守連発だった。

それにしても、陽射しが強くて暑かった。
20170618stadium
20170618kyujo
20170618kyujo2
20170618board
20170618manin
20170618end
20170618score_2

|

« 久留米、筑後国分寺跡 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(6/20) »

「野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65430629

この記事へのトラックバック一覧です: ファーム交流戦 ソフトバンク対巨人(6/18):

« 久留米、筑後国分寺跡 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(6/20) »