« イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(7/10) | トップページ | 感想「プロント」 »

イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(7/11)

2017.7.11 (火) 13時 ヤクルト戸田球場
M 010110100 4
S 000000000 0
[敗]岩橋、[勝]チェン

昨日に引き続き。
相変わらず陽射しが強い上に、風が強かった。風に関しては、土手の上では、帽子は飛ぶし、日よけの傘もさせないくらいの強さだったから、涼しさよりもデメリットの方が大きかった。

先発投手は、ヤクルトは昨日同様に徳山。ロッテは黒沢。昨日に引き続きヤクルトのセカンドは井野で、サードには川端が入った。
ただし、徳山と川端は1イニングで交代。川端は守備機会が1回あって、三ゴロを無難に捌いていたから、身体はそれなりに動くらしい。打席にも立ったが、こっちは二ゴロ併殺打。徳山の方は、1四球は出したが、無難に終えた。
しかし2回から登板した岩橋が、2回に四球→盗塁→内野ゴロで進塁→肘井のタイムリーで失点。1点先制された。さらに4回から登板した中島が、4回にツーベース2本で1失点。制球の不安定さが目についていたが、5回には先頭打者を四球で出した後、次打者の清田の頭にぶつけて危険球退場。土肥が緊急登板でリリーフしたが、井上にタイムリーを打たれて、もう1点。まあ、1点で抑えただけ、良かったという感も。ちなみに清田は、担架でグランドから運び出されたが、その後、来た救急車には、自力で歩いて乗り込んでいたように見えた。
7回は村中が登板。井上にツーベースを打たれた後、セカンド井野がフライを取り損ねて失点。ただ、記録はエラーだったけど、少し難しい態勢だったし、急造セカンドをやらされてることを考えると、井野は責められないなあ、と思う。
これで0-4。ヤクルト打線はサッパリで、ロッテもヤクルト同様、こまめに投手を代えて来たが、どの投手も捕まえきれず、ランナーを3塁へ進めたのは7回一度だけ。昨日3本塁打のグリーンも、最終回にツーベース1本を打ったのみ。いいとこなしの完封負け。

投手陣は昨日登板した7人が、順番やイニングは違うにしても、そのまま今日も登板。昨日はおしなべてパッとしなかったが、今日も同様。2軍でこの状態では、1軍でどうこうというレベルではないよなあ。中島とか村中とか久古がそれでは、上も困るだろうと思うが。

ともあれ、これでヤクルト2軍は、オールスター休み入り。
20170711kyujo
20170711board
20170711end
20170711score_2
清田が乗って行った、戸田市の救急車。
20170711kyukyu

|

« イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(7/10) | トップページ | 感想「プロント」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65522352

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(7/11):

« イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(7/10) | トップページ | 感想「プロント」 »