« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(7/20) | トップページ | J2リーグ第24節京都対名古屋 »

イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(7/21)

2017.7.21 (金) 13時 ヤクルト戸田球場
F 000001000  1
S 100000001X 2
[勝]久古、[敗]新垣

先発投手はヤクルト梅野、日本ハム浦野。
1回裏のヤクルト、2死1-3塁でグリーンが打った二ゴロを、セカンド杉谷が一塁悪送球してヤクルトが先制。
梅野は初回2回とボールが多く、不安定な気配だったが、2回とも併殺で切り抜けると調子を上げ、5回まで無失点。
しかしヤクルトも浦野をつかまえ切れず、2回以降追加点はなし。
6回表、梅野は2四球でピンチを作り、渡邊のタイムリーで同点にされるが、何とか抑えきって逆転は許さなかった。梅野は好投してても、毎回、この辺のイニングで崩れてる印象があるんだが、壁ということかなあ。まあ、あくまでも見てる範囲の話だけど。ただ、だんだん良くなっている気はする(崩れ方とか、もちこたえるイニングの長さとか)。
7回からは両チームが継投に入った。8回裏にはヤクルトが、日本ハム内野守備の混乱に乗じて、1死1-3塁を作ったが決めきれず。
同点のままで9回裏、日本ハム3番手新垣の前に、簡単に2死となったが、ここで大村がツーベース。日本ハムは次のリベロを敬遠。ヤクルトは次の山川に代えて原泉を送ると、原は初球を左中間に運び、サヨナラタイムリー。

イースタンって、勝負にこだわるリーグではないと思っているから、元々敬遠は否定的に考えている。しかも、リベロも助っ人外国人とはいえ、来日2試合目だし、昨日ホームランを打ってるにしても、そこまで警戒すべきかねえと思ったんで、なおさら余計な敬遠だったなという気がした。その分、原のサヨナラタイムリーが痛快になったから、いいけどね(^^;)

それにしても、今日の川端はDHで先発だったから、守備もないことだし、フル出場するのかなと思ったら、5回にヒットを打った時点で代走が出て、あっさり下がってしまった。そこまで慎重にしないといけない状態なのか? 一体、どういう体調なんだろう。
20170721kyujo
20170721board
20170721end
20170721score
6回頃、サブグランドで、バットを振り込んでのが見えた原泉。
20170721hara

|

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(7/20) | トップページ | J2リーグ第24節京都対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65563990

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(7/21):

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(7/20) | トップページ | J2リーグ第24節京都対名古屋 »