« J2リーグ第24節京都対名古屋 | トップページ | 都市対抗野球準決勝 東芝対NTT東日本 »

セリーグ ヤクルト対阪神(7/23)

2017.7.23 (日) 18時 神宮球場
T 001000400 5
S 000000000 0
[敗]小川、[勝]メッセンジャー
[H]T:メッセンジャー(小川)、中谷(中澤)

ひと月ぶりの神宮球場。ヤクルトの連敗が14で止まった翌日の試合。

先発投手はヤクルトが先発に復帰した小川、阪神はメッセンジャー。
小川はいい感じに投げてたと思うんだが、3回に先頭のメッセンジャーに、まさかのホームランを打たれて先制される。その前にも、スタンドインギリギリのファールを打たれていたし、狙われてたのでは、という気がする。警戒を怠った、誰かのミスじゃないんだろうか。ただ、小川の投球内容は5回4安打1失点だから、全体的にはそんなに悪かったわけでもない。0対1の5回裏に打順が来て、代打を送られたが、球数が90球に達したことも考えて、早めの交代でリスクを回避したんだろうと思った。
そして6回は中澤がきれいに抑えたが、7回も続投。早めの交代で、大切に行くんじゃなかったのかいと思った矢先、先頭の代打中谷にレフトへホームランを打たれて0対2。その後、さらに鳥谷にもヒットを打たれて、石山に交代。その石山は大和にツーベースを打たれ、梅野にスクイズを決められて、もう1失点。しかも梅野の犠打を1塁へ悪送球して、生かしてしまう。ランナー2人を置いて、2死は取ったが、上本に左中間スリーベースを打たれて0対5。これでほぼ終わった。
打線はメッセンジャーに8回まで0点に抑えられ、最終回はドリスから、リベロが初ヒット(ツーベース)を打ったものの、還すことが出来ず、完封負け。

メッセンジャーに対して、クリーンヒットは坂口の2本だけだったから、完敗という感じ(他のヒットはバントヒットとポテンヒット)。
リベロは、まだ馴染んでないんじゃないかなと思う。攻守とも、あんまりいい所がなかった。最終打席のツーベースも、運が味方したみたいな感じ。まあ、様子見かね。
とりあえず昨日で連敗は止まったにしても、チーム状態が良くなったわけじゃないってのは、よく分かった。1勝挟んで、また大型連敗てのも、十分ありそうな…。もっとも、次は神宮で中日3連戦。そこはツイてるかも。
20170722board
20170723kyujo
20170723end
20170723score

|

« J2リーグ第24節京都対名古屋 | トップページ | 都市対抗野球準決勝 東芝対NTT東日本 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65572922

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対阪神(7/23):

« J2リーグ第24節京都対名古屋 | トップページ | 都市対抗野球準決勝 東芝対NTT東日本 »