« J2リーグ第21節湘南対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(7/6) »

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(7/4)

2017.7.4 (火) 13時 ヤクルト戸田球場
B 100301000 5
S 001300000 4
[敗]中島、[勝]綾部、[S]福地
[H]S:廣岡(綾部)、B:シリアコ(竹下)

昼前、雨が降っていて、試合はやれるレベルの降りだったが、行こうかどうしようか迷った。それもあって、若干出遅れて、到着はプレイボール後。1回表2死1塁で、DeNAのバッターは佐野、ヤクルトの投手がギルメットだったのは、少し驚いた。
ボークでランナーが2塁へ進んだ後、佐野にタイムリーを打たれて先制された。ギルメットは3回まで投げて、被安打3、与四球1。まあ、そんなに悪くはなかった。早々に引っ込めた所を見ても、ベンチの意図としては、別にギルメットを先発で使おうというわけじゃなく、試合勘を鈍らせないための登板だったんだろうと思う。

DeNA先発は綾部で、ヤクルトは3回まで毎回ランナーを出すけれど、毎回併殺という拙攻。3回に1点取って追いついたんだが、これもゲッツーの間に3塁走者が還ったもの。
追いついたと思った直後の4回は、ギルメットに代えて竹下が登板したが、先頭打者にストレートの四球を与え、次のシリアコに左中間へのでっかいツーランを打たれた。もう一息でネットを越えて場外になる当り。次打者の関根にもストレートの四球を出し、竹下は早々に交代。
急遽、竹下をリリーフした田川も、元々制球難のピッチャーなので、かなり苦しいピッチングだったが、関根に盗塁2つで3塁へ行かれた後、黒羽根のタイムリーで1点失った後は、何とか粘って抑えた。
そして4回裏、ヒットと四球でランナー2人を置いて、廣岡がバックスクリーン横へスリーランを打ち込み、また同点。
田川は5回も、ヒットと四球で満塁のピンチを迎えたものの、無失点で凌いだ。しかし、6回に登板した中島が、ヒット2本で2死1-2塁とされた後、佐野にタイムリーを打たれて勝ち越された。7回以降は、菊沢、村中、土肥が無失点で抑えたが、打線が6回以降のDeNAの継投を崩せず、そのまま終了。

竹下は毎度こんな感じだな。うまく抑えちゃうこともあるが、基本、コントロールが全然信用できない。現時点では、試合で見かけるヤクルトの投手の中で、多分、この竹下が一番当てにならないと思う。2015年のドラフト1位で3年目だが、ここまでほぼ実績ゼロで、今の調子だと今年も厳しそう。社会人経由で今年27歳だから、そんなに時間の余裕はないはず。どうするんだろう。

ちなみに雨は、着いた後、しばらくぱらついていたくらいで、実質、全然問題なかった。
20170704kyujo
20170704board
20170704end
20170704score

|

« J2リーグ第21節湘南対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(7/6) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65494429

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(7/4):

« J2リーグ第21節湘南対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(7/6) »