« 感想「へびつかい座ホットライン」 | トップページ | J2リーグ第23節名古屋対山形 »

「ゲット・ショーティ」

2005年製作の、エルモア・レナードの小説の映画化。
ずいぶん前(10年は経ってないと思うが)にDVDが安売りされてるのを見掛けて、そういや、劇場で見なかったなと思って、買ってあったもの。見ないまま放ってあったが、先日、原作を読み返したことでもあり、ついに見てみた。

内容は、かなり原作に忠実。
ジョン・トラヴォルタが主人公のチリ・パーマーをやっていて、これは見事にはまっている。原作そのものだと思う。それ以外のキャスティングに関しては、大物俳優マイケル・ウィアをジョン・デヴィートがやってるのは違和感があった。背が低いのは設定通りだが(タイトルの「ショーティ(チビ)」は、彼のことを指している)、これじゃあ最初からギャグにしかならない。格好いい大物俳優だけど意外に背が低いという落差が、この人物のキャラを作っているんじゃないのかな。小説を読んでた時のイメージは、トム・クルーズあたりだった。デヴィートじゃあ、全然意外性がない。ただ、プロット的には、そこはそんなに問題はない気はする。

でも、正直、いまいちな映画化だったと思う。癖のある登場人物たちが繰り広げる駆け引きが、原作小説の面白さだけれど、それをうまく表現出来ていない。そもそも映画では、個々の人物の思惑を細かく説明するのは難しいだろうし、そういう面白さを表現出来る形式なのかな?、とも思う。表面的には原作のストーリーをかなり忠実に追っている分、かえって、これではこの場面の意味が十分伝わらないんじゃないか、と感じる部分が、随分多かった。
チリがはまって見えるのは、この作品は彼の動きを受けて、周囲の人間があれこれ考え始めるという構造の話なので、彼だけは外側から行動を描くだけで足りるキャラだから、という理由かもしれない。他の登場人物については、なぜそういう行動をするのか、というあたりが、もう少し分かるように描かれないと厳しい。

もっとも、原作を読んでいなければ、それなりに納得して見れる映画だったのかも。ややこしい話が、かなり単純化されてるのは確かで、ここにはこういう背景が、ということを意識せずに見れれば、これはこれで軽いコメディとして楽しめるのかもしれない。そこはよく分からない。ただ、映画化作品としては、あまりいい評価は出来ないと思った。

そういえば、「プロント」に登場したジミー・キャップの名前が冒頭に出て来て、あれ?と思って原作を確認したら、原作でも出ていた。「ゲット・ショーティ」では名前だけがちょろっと出てくる程度のキャラなので、覚えていなくても不思議はなかったかな。少なくとも、この2作の背景は同じらしい、ということに気付けたのは、この映画を見たおかげだね。

|

« 感想「へびつかい座ホットライン」 | トップページ | J2リーグ第23節名古屋対山形 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65538748

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲット・ショーティ」:

« 感想「へびつかい座ホットライン」 | トップページ | J2リーグ第23節名古屋対山形 »