« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(7/28) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(7/29) »

感想「岳飛伝」9

「岳飛伝」9 北方謙三 集英社文庫
ぼつぼつ、最終決戦に向けた競り合いが始まってるけど、なかなか本格化しない感じ。解説を見ると、次巻あたりから華々しくなり始めるらしい。まあ、まだ先は長い。
それなりに落ち着いた立場にいるように見えた人物が、改めて面倒な状況に引っ張り込まれるという場面がいくつか目について、どういう終り方へ持っていくのか、先が読めなくなってきたな、と思う。さすがに手が込んでいる。まあ、王清が落ち着いてしまうとは元々思っていなかったけれど、蕭(*)材が、ここまでややこしい立場になるとは思わなかった。というか、現時点では、作品のテーマ的には、彼はかなり要に近い人物になってきたような気がする。ちょっと意外。ストーリーとしては、あくまでも岳飛(そういえば、彼がタイトルロールだということを、つい忘れそうになる)とか秦容とか張朔とかが関わっている、実戦の方が本筋だけれど、その裏で、著者は相当力を入れて、蕭(*)材を描いているような気がする。

(*) は「火玄」。

|

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(7/28) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(7/29) »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65592053

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「岳飛伝」9:

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(7/28) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(7/29) »