« J2リーグ第30節名古屋対横浜 | トップページ | 感想「田中克彦自伝」 »

感想「岳飛伝」10

「岳飛伝」10 北方謙三 集英社文庫
そろそろ、一気に戦乱になだれ込むのかと思ったら、少し衝突があった後、また膠着。もはや、武力衝突で全ての決着がつくような、単純な構図じゃなくなってる、ということか。もちろん、まだ相当巻数があるから、最終決戦に入ってしまうのは、少し早いかも、という気はしていたけれど。

そういう中で、地道に登場人物の片付けを始めてる感はある。今回、唐昇という名前が、ストーリーの必然性もほとんど感じられない場所でいきなり出て来るのは、この人物にまだケリがついてないことに、誰かが突然気付いたのかな。名前には、うっすらと覚えはあるが、それほど大物ではなかったと思う。全ての登場人物について、きっちり締めて終わらせようとしているのかな。登場人物のデータベースはありそうだし(本人はやらないと思うが、そういうことをやるマニアックなファンは居そう)、不可能じゃないとは思う。
一方で、この期に及んで、まだ舞台を広げるか?、みたいな場面もある。阿波だそうだが…。この付近にも、何か話を繋げられる先があるんだろうか。

.それにしても、蔡豹は貧乏くじ引いてるキャラだなあ、と思った。

|

« J2リーグ第30節名古屋対横浜 | トップページ | 感想「田中克彦自伝」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65728375

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「岳飛伝」10:

« J2リーグ第30節名古屋対横浜 | トップページ | 感想「田中克彦自伝」 »