« J2リーグ第28節町田対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(8/20) »

セリーグ ヤクルト対巨人(8/17)

2017.8.17 (木) 18時 神宮球場
G 003000000 3
S 04000000X 4
[勝]星、[S]ルーキ、[敗]内海
[H]S:荒木(内海)

先発投手はヤクルト星、巨人内海。2週間前にも同じ対戦で、どっちもどっちなヘタレピッチングで、双方勝ち負けつかずだった(試合はヤクルトが勝った)。
今日も内海が早々に崩れ、2回に荒木のスリーランと山崎のタイムリーで、ヤクルトが4点先行。巨人がこの回途中でスッパリ内海を諦めて宮國に代えたのは、よっぽど内海に痛い目を見ているのかな?
しかし後を追うように3回表に星が崩れる。ヒット2本でランナー1-3塁からマギーの犧飛で1点、さらにランナーを溜めて村田のタイムリーで、もう2点。しかし巨人は、次の亀井のヒットで、2塁ランナーの阿部を本塁に突っ込ませる失態(絶対無理だろうというタイミング&阿部の足だった)。本塁タッチアウトで、星は辛うじてリードを守る。
巨人を見習って、星をさっさと代えたら?と思ったが、星は続く4-5回は四球を出しつつも、意外に好投。しかし6回、山田のエラー(正面のライナーをこぼした)の後、ヒットと四球で1死満塁。ここでリリーフした近藤が、代打の橋本到と陽を打ち取ってピンチを切り抜けた。まあ、陽の二ゴロは山田の好守だったかな? マッチポンプ(^^;)。
ヤクルトは追加点を取れそうで取れなかったが、近藤以降の投手陣(松岡→石山→ルーキ)も好投して、巨人打線をノーヒットに抑え込み、1点差で逃げ切った。

個人的には、ヒーローインタビューは近藤でいいんじゃね?と思ったけれど、やっぱり荒木(と山崎)だった。
序盤にポカスカ点が入ったので、また馬鹿試合かよと思ったが、意外にまとまった試合になってくれたので、良かった。
星は、納得のいく出来だったとは言い難いが、外野への飛球が全部詰まっていて、結局ホームランを食らわなかったところを見ると、球威はあったのかな。久々に勝ちがついたわけだし、これで波に乗れるといいんだが。
20170817kyujo
20170817board
20170817end
20170817score

|

« J2リーグ第28節町田対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(8/20) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65678435

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対巨人(8/17):

« J2リーグ第28節町田対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(8/20) »