« セリーグ ヤクルト対巨人(8/3) | トップページ | J2リーグ第26節名古屋対愛媛 »

イースタンリーグ ヤクルト対西武(8/6)

2017.8.6 (日) 13時半 ヤクルト戸田球場
L 002000101 4
S 80000000X 8
[勝]田川、[敗]松本
[H]S:今浪(松本)

先発投手はヤクルト田川、西武は松本。

松本の立ち上がりが最悪。1回裏に先頭の三輪が四球、比屋根ツーベース、DHで先発の川端がヒット&エラーで2人が還り2点先制。さらにグリーンがヒット、今浪がライトへホームランを打ち込んで5-0。ここまで、まだノーアウト。次の廣岡は左飛に倒れたが(オーバーフェンスまでもう一息だった)、原・井野の連打と榎本の四球で、また満塁になり、三輪の内野ゴロでもう1点。さらに比屋根のタイムリーで2点追加して8-0。初回でいきなり8点リード。
しかし、その後、打線は音なしになってしまった。ここまで打たれながらも、松本は3回まで続投し、2-3回は三者凡退。その後の投手からも、ヒットもほとんど打てない状態。
田川はそれほど安定感は感じないピッチングで、毎回のようにランナーを出し、3回には四球の後、3連打で2点を失ったが、それ以外の回は無失点で切り抜け、6回まで投げた。7回は村中が四球とヒットでピンチを作り、内野ゴロで1失点(もっとも、この失点は点差を考えて手堅くアウトを取りにいったプレーなので、まあいいかな)。8回は風張が無失点。9回は平井が2安打1失点。
じわじわ追い上げられた感じだったが、初回のでかい貯金が効いて、ヤクルトが逃げ切った形。

結局、ヤクルトは2回以降のヒットは比屋根の1本だけで、景気がいいのは初回だけだったから、どこまで評価していいものやらと思わないでもない。逆に、西武の松本は、なんで初回はあんなに乱調だったんだろう、という感じ。
投手陣も、いまいち安定感がないし、勝った割には、いまいち釈然としない試合内容だった。昨日・一昨日は神宮でこのカードで試合が行われたが、2日とも惨敗している(見には行かなかった)。今日は勝ったけれど、むしろ2連敗を、さもありなんと思わせる試合だったかも、と思った。
川端が試合に出てるのを久しぶりに見たが、DHで打席に2回立ったら交代という、中途半端ぶりは相変わらず(タイムリーは1本打ったが)。一体、どういうコンディションなんだろうな。
20170806kyujo
20170806board
20170806end
20170806score

|

« セリーグ ヤクルト対巨人(8/3) | トップページ | J2リーグ第26節名古屋対愛媛 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65629972

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対西武(8/6):

« セリーグ ヤクルト対巨人(8/3) | トップページ | J2リーグ第26節名古屋対愛媛 »