« J2リーグ第34節名古屋対東京 | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(9/30) »

セリーグ ヤクルト対巨人(9/25)

2017.9.25 (月) 18時 神宮球場
G 000010000 1
S 10100000X 2
[敗]秋吉、[勝]マシソン、[S]カミネロ
[H]G:亀井(近藤)

ぼちぼち残り試合も少なくなってきてるので、プレイボールから見るのは無理だったが、見に行った。

先発投手はヤクルトギルメット、巨人吉川光。
6時半すぎに着いたら、巨人は1番陽の打席だったから、これはギルメットボコボコ?と思ったが、まだ0対0で、単に試合のペースが速いだけで、既に3回表だった。ランナーが溜まって、ピンチになってはいたが、ここはギルメットがしのいだ。
その裏のヤクルトは、1死後ギルメットがヒット。ここから8連続出塁で一挙5点を先制。ギルメット、お立ち台かも?と思ったが…。
5回表、ギルメットが2四球1安打で2死満塁として、阿部、村田の連続タイムリーで3点を献上。ギルメットは5回持たず、石山が締めた。しかし、6回登板の松岡が、マギーのタイムリーで1失点。7回登板の近藤が、亀井のホームランで1失点して同点。8回登板の秋吉が、マギーのタイムリーで1失点、逆転された。
まあ、打線は3回以外はチャンスらしいチャンスを作れず、追加点がなかったから、いかにもな展開ではあった。同点の7回裏に、マギーのエラーで無死1-2塁を作った場面も、バレンティン、山田凡退で何も出来なかったし。

8回裏終わって、9時を回っていたので撤退した。まあ1点差だから、9回裏に何があってもおかしくなかったが、何事も起きず、そのまま負けたとのこと。

投手陣がポロポロ失点したわけだけど、松岡の失点には山崎のまずい守備が絡んでいたし、秋吉の失点も、あまりにも簡単に内野がゴロで抜かれているように見えた。失点が多いのは投手だけの責任じゃないよなと思う。野手の守備のレベルが低すぎる。前から思っていることではあるが…。
西浦にひとつ好守があって、「ファインプレー!」というアナウンスがデカデカと鳴り響いたけど、強いチームなら、あれくらいはやらないと、というレベルじゃないかなあ、とも思ったよ。
20170925kyujo
20170925board
20170925score

|

« J2リーグ第34節名古屋対東京 | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(9/30) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65840385

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対巨人(9/25):

« J2リーグ第34節名古屋対東京 | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(9/30) »