« セリーグ ヤクルト対巨人(9/25) | トップページ | 感想「言語学者が語る漢字文明論」 »

セリーグ ヤクルト対中日(9/30)

2017.9.30 (土) 18時 神宮球場
D 220100000 5
S 00410002X 7
[勝]秋吉、[S]ルーキ、[敗]祖父江
[H]S:バレンティン(大野)、D:福田(寺島)

現地。

先発投手はヤクルト寺島、中日大野。
今年ドラフト1位で入った寺島は、ケガで出遅れて、8月頃からようやくイースタンで登板し始めたけど、どうもタイミングが合わなくて、投げるのを見れずにいた。今日、やっと見れたが、初めての1軍での登板で、緊張もあったんだろう。いい出来ではなかった。初回に福田にツーランを食らい、2回には京田に2点タイムリーを打たれ、4点先行された。
大野も球がばらつき気味で、それに乗じて作った3回のチャンスで、ヤクルトは山田のタイムリーとバレンティンのスリーランで追い付いたが、4回表に寺島が大野にスクイズを決められて、また勝ち越される。
しかしその裏、廣岡の内野安打から、中日のエラーと犠打でランナー3塁として、坂口の犠飛でまた追い付いた。
この後、試合は膠着。調子を上げた大野とヤクルトリリーフ陣の投げ合いで点が入らない。
このまま延長かと思ったが、8回裏に登板した中日2番手の祖父江から、ヤクルトが2四球1安打で満塁のチャンスを作り、坂口の2点タイムリーで、この試合初めてリード。9回表をルーキが締めて、ヤクルトが勝った。

寺島に多くを期待出来ないのは当たり前だし、それを除けば、今日のヤクルトは攻守に目立ったミスがなく、いい場面の方が多くて、悪くない試合だった。まあ、消化試合だし、勝率が異常に高い、神宮の中日戦でもあるけれど。ただ、5回の、審判のストライク判定への異議によるバレンティンの退場は、ちょっと残念だったな。
寺島は、今日はとりあえず、神宮の1軍のマウンドに上がってみただけ。来年に、この経験を生かせればいいと思う。
サードに廣岡が入っていて2安打、初回の打席もショートの正面を突いたものの、いい当りだった。確か今年3回目の1軍昇格のはずだけど、ようやくフィットしてきたのかな。守備も、あまり難しい打球がなかったこともあり、無難にこなしたと思う。彼も今年は、来年につなげる試合が出来ればいいやね。

ヤクルトは今シーズン94敗していて、チームの過去最多敗戦記録に並んでいるが、とりあえず今日は更新を免れた(^^;。残り2試合でどうなるか。
20170930kyujo
20170930board
20170930terasima
20170930end
20170930score

|

« セリーグ ヤクルト対巨人(9/25) | トップページ | 感想「言語学者が語る漢字文明論」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65859188

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対中日(9/30):

« セリーグ ヤクルト対巨人(9/25) | トップページ | 感想「言語学者が語る漢字文明論」 »