« セリーグ ヤクルト対中日(9/13) | トップページ | トップイーストDiv1ヤクルト対秋田 »

イースタンリーグ DeNA対ヤクルト(9/14)

2017.9.14 (木) 13時半 ベイスターズ球場
S 30000000020 5
B 00000001220 5
[H]S:飯原(藤岡)

この球場へ行ったのは、2年半ぶりくらいかな。上下ひっくるめて、今年初めて、ベイスターズ戦のビジターに行った。

先発投手はヤクルト梅野、DeNA久保康。
久保は俺が見てると、なぜかいつもショボいんだよな、と考えてたら、案の定で、いきなり連打でランナー2人、大村のスリーベースで、ヤクルトがノーアウトで2点先制。さらに飯原の犠飛でもう1点。
ただ2回以降の久保は立ち直った感があり、ヤクルト打線はその後のリリーフも攻略しきれず、追加点が取れなかった。
梅野は3回までパーフェクトだったが、4回以降は被安打や四球が増えて、あっぷあっぷな感じ。それでもよく持ちこたえて、6回を無失点で終えた。しかしまあ、この辺の回までしか安定感が続かない課題は、今季は改善しなかったわけだ。来年に向けて、オフに鍛えるんだろう。
7回からは岩橋が登板し、8回にヒット2本で1点を失なって2点差。
9回裏は風張。いきなり連打の後、犠飛とツーベースで2点を失い同点にされてしまった上、まだ1死2塁。久古がリリーフし、1死取った後、ライト前ヒットを打たれたが、二走の本塁突入が無理目なタイミングでタッチアウト、延長へ。
10回表、飯原がレフトへでっかいホームランを打ち込んで勝ち越し。さらにヒットとセカンド・エリアンのエラー(エリアン今日3失策)で1死1-3塁として、原がスクイズを決め、2点差。
しかし10回裏に登板した土肥が、ヒットと2四球で無死満塁。エリアンの中前打でまた同点。しかもその後、自身のエラーでまた満塁。それでも、そこからは踏ん張って、三者連続で打ち取り、サヨナラを許さなかった。
11回表はランナーは出たが生かせず、同点のまま11回裏。ピッチャーは徳山だったが、ヒット2本と敬遠で1死満塁になり、村中が登板。ここでまたエリアンだったが、三直ゲッツーであっさり終わった。結局引き分け。

この結末なら、9回終了で帰ってもよかったな、と思った。
それにしても、信頼の置ける中継ぎ投手候補が居ないねえ。風張も土肥も成長が見られない。徳山はむしろ劣化気味のような気がするし。何が間違ってるんだろうなあ(何か間違ってるのは確かだと思う)。
20170914kyujo
10回裏終了後のスコアボード。撮影のタイミングが少し遅れて、得点が歯抜けになっている。
20170914score1
試合終了時のスコアボード。
20170914score2
20170914end

|

« セリーグ ヤクルト対中日(9/13) | トップページ | トップイーストDiv1ヤクルト対秋田 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65791426

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ DeNA対ヤクルト(9/14):

« セリーグ ヤクルト対中日(9/13) | トップページ | トップイーストDiv1ヤクルト対秋田 »