« 「ワンダーウーマン」 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(9/18) »

感想「あなたの人生の物語」

「あなたの人生の物語」 テッド・チャン ハヤカワ文庫
8作収録の短編集。2003年の邦訳刊行だが、表題作の映画化が公開されていたことに伴い、今も書店の店頭に並んでいる。今出ている版は、解説が少し増補されているみたい。なお、収録短編は1990年から2002年に掛けてのものとのこと。

全体的な印象としては、思索的で静かな作品群という感じ。バベルの塔や降臨する天使といった、奇想天外で華やかなイメージが描かれているものもあるが、そういう作品もストーリーの中身は、地道な建設作業とそれを取巻く住民の生活とか、運命の不条理と神への信仰についての考察だったりして、あんまり華やかではない。
数学や言語学を題材にした作品は、個人的な興味の対象と被るので、関心を引かれた。ただ、これらもあくまでも素材であって、そういうのをネタにしたアイディア小説ではなく、作者が書こうとしているのは、それを切り口にした人間の在り方、という感じがする。
巻末のルッキズム(そんな言葉があることも知らなかった。容貌による差別のこと)を扱った作品は、割と直接的に現実を反映しているという気がしたが、これも根底には人間性の考察があると思う。

題材は完全にSFの領域だが、SF的なオチみたいなものは、あまり意識してなさそうと感じたこともあり、全体として普通小説に近いように思えた。でもその辺は、多分、今時のSFに対する自分の認識が浅すぎるということになるのかな。
一作一作、よく考えないと消化しきれない重みがある作品、という感じがする。質は高いと思う。ただ、自分はそこまで時間を掛けられないなあ、とも思うけれども。

|

« 「ワンダーウーマン」 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(9/18) »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65806797

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「あなたの人生の物語」:

« 「ワンダーウーマン」 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(9/18) »