« 感想「言語学者が語る漢字文明論」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(10/1) »

J2リーグ第35節岐阜対名古屋

2017.10.1(日) 15時 岐阜メモリアルセンター長良川競技場
観客 17027人 主審 笠原寛貴 副審 名木利幸、田島宏則

 FC岐阜 2(1−2)6 名古屋グランパス
       (1-4)

 得点 22分 岐阜・大本
    32分 名古屋・田口
    36分 名古屋・ガブリエル シャビエル
    46分 名古屋・ガブリエル シャビエル
    54分 名古屋・ガブリエル シャビエル
    66分 岐阜・難波
    84分 名古屋・青木
    90+3分 名古屋・永井

DAZNでライブで見ていた。

名古屋の先発選手は、久々に前の試合から変動がなかった。出場停止も故障もないってことだから、いいことだ。

しかし試合は岐阜ペースで始まった感じ。しっかりプレスしてくる上に、丹念に繋がれて、ボール保持率も負けてるし、岐阜の方が格上?みたいな感じ。決定機を二・三度作られたのを何とかごまかしていたが、こういう時のパターン通りに、22分に結局先制された。
しかしまあ、今の名古屋には、こういう時でも何とかしてくれるシャビエルがいる。32分に青木のクロスをゴール前で折り返して、田口の同点ゴールをアシスト。36分には玉田のパスを受けて、高いテクニックでゴール前で回り込み逆転ゴール。後半立ち上がりにも、小林の縦のボールを佐藤が入れてきたのをシュートして3点目。
それでも岐阜は切れずにプレスしてきたし、点差がついて名古屋も一息感が出てしまったかも。いくらか受けに回った形で、岐阜に決定的な形を続けて作られ、武田の好セーブでしのぐ。そして、54分にシャビエルのハットトリックの3点目が決まって試合を決めたかと思ったが、ここで岐阜が投入したFW難波が流れを少し変えた。
61分の難波のゴールはオフサイドだったが、66分に岐阜の厚い攻めから難波に決められて2点差。1点失点すると、何が起きるかわからんチームだから、ちょっと嫌な感じ。
でも、さすがにそこまでは岐阜に力が残ってなかったらしい。名古屋はその後、持ちこたえ、80分過ぎには、CKがクリアされた流れから再度攻めて、青木のゴールで突き放し、ロスタイムには時間を稼ぎながら球を回していて、隙を見て田口がゴール前に入れると、永井がゴールを決めるという、名古屋らしからぬ離れ業(^^;)

6対2の大勝。ここまでの結果は予想してなかったなあ。
まあ、今日は素直に、いい試合をしたと言っていいのかなあ。永井に得点が生まれたのも、多分好材料だと思うし。
それにしてもシャビエル様々なのは間違いない(^^;)
あと、武田はチャンスをうまくつかんだなと思う。去年も、出場機会があった時の出来は、決して悪くなかったと思うが、今回もよくやっている感じがする。

|

« 感想「言語学者が語る漢字文明論」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(10/1) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65866738

この記事へのトラックバック一覧です: J2リーグ第35節岐阜対名古屋:

« 感想「言語学者が語る漢字文明論」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(10/1) »