« セリーグ ヤクルト対巨人(10/3) | トップページ | トップイーストDiv1横河対ヤクルト »

J2リーグ第36節山口対名古屋

2017.10.7(土) 15時 維新百年記念公園陸上競技場
観客 6902人 主審 三上正一郎 副審 亀川哲弘、高寺恒如

 レノファ山口 1(0−2)3 名古屋グランパス
       (1-1)

 得点 10分 名古屋・玉田
    36分 名古屋・佐藤
    58分 名古屋・田口
    63分 山口・小野瀬

DAZNでライブで見ていた。

名古屋の先発選手は、今節も前の試合から変動がなかった。中継では前の方、玉田、寿人、シャビエルの位置取りが変わってるような表示をしていたし、映像からも多少そんな印象は受けたけど、基本的にこの3人は流動的に動くから、あんまり気にしなくていいことのような気がする。

序盤の名古屋には、びっくりするようなミスパスがいくつかあって、なんかおかしいんじゃない?と思ったけれども、この時間帯の山口は、あまり前へ出て来てなかったので助かった。それにしても、あれは何だったんだろう? 映像で見てると、前半は名古屋は真正面に太陽が来ていたはずなのと、やたらと選手の影が長かったから、結構低い位置に太陽があったんじゃないかと思う。視野に太陽がかかって、見にくかったのかな。それに類することは、中継のアナウンサーや解説者も言っていた。
そんな状態でも、名古屋が一方的に攻め立てる展開で、10分には田口から出たボールをシャビエルがはたき、玉田が決める綺麗なゴールで名古屋が先制。
その後も名古屋が攻め続けたが、20分頃に、シャビエルが立て続けに決定的な場面で決めきれないなど、なかなか点が入らず、ちょっと嫌な雰囲気。しかし36分に宮原のクロスを寿人がずらしてゴールへ流し込み、ようやく2点目。
2点差がついたことで、慎重過ぎる試合運びだった山口も踏ん切りが付いたのか、攻勢に出始め、40分頃には武田がファインセーブで防ぐ場面もあったものの、2点リードのまま折り返すことが出来た。

後半序盤にも、結構きわどいシュートを打たれたが、武田が抑えた。試合展開が一方的な時間帯が長かった分、武田は気持ちを切らさないようにするのが難しかったんじゃないか、という気がするけど、よく集中を保っていい守備を見せたと思う。
58分には、シャビエルの右CKから田口が決めて3-0。この後、玉田がGKと1対1になる場面もあったが、GKにうまく止められた。これが決まってれば、試合は完全に決まってたと思うんだが。ただ、この試合は、山口のGKも好セーブを連発して、よくやってたと思う。
63分の山口、交代出場したばかりの小野瀬が、ドリブルからミドルシュートを打って、入っちゃった。これで山口が活気づいた。プレッシャーが厳しくなって、名古屋のボールキープが簡単にいかなくなった。そこまでは、かなり名古屋が圧倒してた試合展開だった分、なんかいやだなあ、という感じ。山口に主導権を渡してしまう、という所までは行かなかったけれど、ホームでは変な負け方をした山口が相手だから、変なことが起きやしないだろうなとヒヤヒヤした。今年はそういうことが多過ぎるからさ。いや、今年も、かもしれないが(^^;。
でもまあ、2点差のまま逃げ切った。内容を考えたら、逃げ切った、というのは言い過ぎかもしらんけど、自分の気分的にはそんな感じ。

山口は、ホームで戦った時の勢いが感じられない、元気のない試合運びだった、とは思う。それで助けられた部分はあったはず。もちろん、名古屋もあの時とは全然違うチームだったし、随分うまくなったよな、と改めて思う場面があちこちにあった。

名古屋の試合内容は悪くはない、とは思うんだが、来週の湘南戦で勝てるか?、と言われるとねえ。守備的には、やっぱりかなりもろさが感じられるし。ただ、勝たないと、上は見えてこない、とも思うんで。大一番だよなあ。選手には頑張って欲しいわ、本当に。

|

« セリーグ ヤクルト対巨人(10/3) | トップページ | トップイーストDiv1横河対ヤクルト »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65887182

この記事へのトラックバック一覧です: J2リーグ第36節山口対名古屋:

« セリーグ ヤクルト対巨人(10/3) | トップページ | トップイーストDiv1横河対ヤクルト »