« トップイーストDiv1横河対ヤクルト | トップページ | 感想「イザベラ・バード」 »

東京新大学野球 杏林大対東京国際大、駿河台大対流通経済大(10/9)

2017.10.9 (月祝) 10時25分 岩槻川通球場
杏林 000101000 2
国際 21010110X 6
[勝]川邊、[敗]上野

2017.10.9 (月祝) 13時25分 岩槻川通球場
駿河 000000000 0
流経 00000100X 1
[勝]木村、[敗]金濱

東京新大学野球は、なかなか見に行く機会がないリーグ。今回は、先週の土曜の試合が雨天中止で、今日に繰延べられたので、見に行くチャンスが出来た。ただ、創価大と共栄大がリーグでは2強ぽいんだが、今日の2試合はそれ以外の4チーム。

ちなみに、岩槻川通球場は、別名「やまぶきスタジアム」。昔、ヤクルトのホームゲームが開催された時に見に来たことはある。詳しい内容は、全く覚えていないが、ロケーションはなんとなく覚えていた通りだった。

第一試合は杏林大対東京国際大。
杏林大の投手陣は制球にまとまりがなく、四球を出しがちで、そうやって溜まったランナーを、国際大が手堅く送ってチャンスを作り、きっちり返し続けた。
ただ、国際大のヒットには、杏林大のエラーかどうか迷うような当りがいくつかあり、公式記録員のランプの点灯もやたらと遅かった。そういう意味では、杏林大は守備も、もう一つな感じだったと思う。
国際大が切れ目なくコツコツ得点を積み上げ、杏林大にポツポツヒットは打たれながらも、失点を2点に抑え、6対2で逃げ切った。
20171009board1
20171009end1

第二試合は駿河台大対流通経済大。
流経大の先発投手の木村は、左のサイドハンドから、コースにきっちりボールを投げ込む安定した投球で、駿河台大に付け入る隙も与えなかった。
しかし駿河台大の先発投手の金濱も、初回から毎回のように四球を出し続けたが、うまくタイミングを外してヒットは許さなかった。5回終了で0対0、双方1安打という投手戦。
6回裏にようやくスコアが動き、流経大がヒットとツーベースの連打で1点先制。
木村は8回に先頭打者に死球を与えたが、ゲッツーで切り抜けた。9回にも先頭打者にヒットを打たれたが、次打者のバントを内野がきっちり回して、またゲッツー。しかしその次の濱野がヒット。さらにその次の森にレフトオーバーの当りを打たれる。この当りで濱野は一気に本塁へ突っ込んだが、レフトからは正確な送球が返り、本塁タッチアウトで試合終了。

まあ、ここは一か八かでも突っ込むよねえ。

投手戦というだけでなく、双方、打たせて取るタイプだったから、野手の守備の安定感も欠かせなかった。その点でも双方に目立ったミスはなく、気持ちよく見れた。最後も盛り上がったし、いい試合だったと思う。
20171009board2
20171009end2

球場はこんな感じ。場内は屋根が全くない。陽射しが強くて、だいぶ陽に焼けてしまった。
20171009isi
20171009gaikan
20171009genkan
20171009nakami

|

« トップイーストDiv1横河対ヤクルト | トップページ | 感想「イザベラ・バード」 »

「野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65896967

この記事へのトラックバック一覧です: 東京新大学野球 杏林大対東京国際大、駿河台大対流通経済大(10/9):

« トップイーストDiv1横河対ヤクルト | トップページ | 感想「イザベラ・バード」 »