« トップイーストDiv1東京ガス対ヤクルト | トップページ | J2リーグ第40節岡山対名古屋 »

東都大学野球 東洋大対亜細亜大(11/4)

2017.11.4(土) 16時 神宮球場
東洋 010200100 4
亜細 000020100 3
[勝]甲斐野、[敗]中村稔

先週、先々週の悪天候の関係で、1勝1敗の後の3回戦がここまでずれていたもの。双方の勝ち点が並んでいて、勝った方が秋のリーグ戦優勝という、リーグ的には重要な試合。
東都大学野球は通常平日昼間開催だから、本来の日程だったら、見るのは難しかったかも。今年最後の野球観戦かな?というタイミングでもあったので、東京ガスグランドからの帰りに寄ってみた。

2回表に、東洋大がツーベースとタイムリーで1点先制。亜細亜大の先発投手(中村稔)は制球難で、ボール球が多くて危なっかしく、3回1死1-2塁で早々に2番手山城に交代。しかしこの場面は切り抜けた山城も、4回に3四死球で2死満塁として、2点タイムリーツーベースを打たれ、東洋大が2点追加。亜細亜大は3人目の投手で高橋遥を投入したが、5球連続ボール(ストレートの四球と、次打者への初球もボール)で、4番手の嘉陽に交代。これでようやく多少、落ち着いた。
東洋大の先発飯田も、それほど安定感はなかったものの、緩急の効いたピッチングで、打者を打ち取ることは出来ていた。しかし5回裏に、バックのまずい守備2連発で無死1-3塁を背負い、タイムリーヒットで2点を失った。ここで投手は2番手の甲斐野に交代。甲斐野はいきなり牽制悪送球、暴投、死球と荒れまくったが、なんとか後続は断って、リードを守った。
8回。しばらく前からポツポツ雨粒が落ちていたが、この辺からはっきり雨になり始めた。ここで東洋大はヒットのランナーが暴投と内野ゴロで3塁まで進み、次打者のボテボテの内野安打で生還して突き放したが、その裏、亜細亜大も、代打の平田がヒットで出て二盗、内野ゴロで3塁へ進み、さらに単独ホームスチールで生還。また1点差。
9回。東洋大は、2死からスリーベースが出てチャンスを作ったが(亜細亜大のライトが突っ込んで、後ろへ逸らした当りだったので、多分に守備ミスだったが)、返せず1点差のまま。その裏、亜細亜大は先頭打者の代打・中村将が四球で出て二盗。同点になりそうな気配が立ち込めたが、さらに三盗を試みて失敗。2死後に、前の回にホームスチールを決めた平田が四球で出塁。しかし今度は一塁を飛び出した所を挟まれ、タッチアウトになって、あっけなく試合終了となった。
そういうわけで、東洋大が優勝。

無茶な走塁死や、エラーが付かないものも含めると守備のミスが随分多かったことや、投手陣が軒並み制球が悪かったことなど、勝った方が優勝という、決勝戦のような試合にしては、随分雑な試合に見えた。東都って、こんなレベルなんだっけ?、と思ったが、新聞に載っていた優勝監督の談話を見ると、ミスだらけのまずい試合をしたという趣旨のことを言っていたので、まあ、そういう試合だったんだろう。
強い北風が吹いていて、かなり寒かったせいもあったのかもしれない。
今年最後の野球観戦かもしれないんだから、もうちょっと、いい試合を見たかったな、とは思ったけれども、単独ホームスチールなんて、滅多に見れないものもみれたし、まあいいか。
20171104board2
20171104kyujo
20171104sinpan
20171104score
20171104end

|

« トップイーストDiv1東京ガス対ヤクルト | トップページ | J2リーグ第40節岡山対名古屋 »

「野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66008391

この記事へのトラックバック一覧です: 東都大学野球 東洋大対亜細亜大(11/4):

« トップイーストDiv1東京ガス対ヤクルト | トップページ | J2リーグ第40節岡山対名古屋 »