« J2リーグ第41節名古屋対千葉 | トップページ | トップイーストDiv1ヤクルト対日本IBM »

明治神宮野球大会2回戦 東洋大学対富士大学

2017.11.12(日) 14時 神宮球場
東洋大 1120140 9
富士大 0000100 1
(7回コールド)
[勝]飯田、[敗]鈴木翔
[H]東洋:原澤2(加藤、佐々木)

明治神宮野球大会、今日の第3試合、大学の部の1試合目。
名古屋の帰りに立ち寄った。対戦カードは知らなかったが、来てみて、片方は先週土曜に見た東洋大と知った。富士大って、どこにあるの?という感じだったが、花巻らしい。

東洋大は、おおむね先週の試合でも見たメンツで、そういう意味では分かりやすかった。先発投手も先週と同じ飯田。威力のあるストレートと遅い変化球で、緩急のあるピッチング。もう少し制球力があると、かなりいいピッチャーになるんじゃないかなとは思うんだが、パラパラとランナーを出しつつも、4回まで無失点。先週の亜細亜大戦と似たような感じ。
富士大の投手陣は、やっぱり1ランク下がるのかなという感じで、東洋大が初回からコツコツ得点を積み上げ、5回表終わって5対0。
5回裏は、東洋大の飯田が、先週つまづいたイニングだったが、今週も同様で。/、ここでヒット3本を打たれて1失点。
しかし6回表に東洋大は、富士大の3番手ピッチャーから2点タイムリーツーベースとツーラン(原澤。ちなみに5回に引き続いての2打席連続hホームランだった)で4点を挙げ、9対1と突き放した。
6回から、東洋大のピッチャーは甲斐野に交代(これも先週と同じ)。威力のあるストレートで、6、7回を0点に抑え、7回終了で大会規定により、9対1でコールドゲームで終了した。

かなりはっきりした力の差があったかな、という印象の試合だった。
20171112board2
20171112stadium
20171112score2

ちなみに第2試合は高校の部で、静岡高校対日本航空石川。この試合は、8回くらいから見ていたが、9回裏に日本航空石川が猛攻を見せた。延長に入ると、次の試合の開始が遅くなるから、追いつくくらいならサヨナラ勝ちしてくれよ、と思ってたが、結局追い切れなかった。
20171112score1

|

« J2リーグ第41節名古屋対千葉 | トップページ | トップイーストDiv1ヤクルト対日本IBM »

「野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66036272

この記事へのトラックバック一覧です: 明治神宮野球大会2回戦 東洋大学対富士大学:

« J2リーグ第41節名古屋対千葉 | トップページ | トップイーストDiv1ヤクルト対日本IBM »