« 2017年10月 | トップページ

トップイーストDiv1ヤクルト対日本IBM

2017.11.18(土) 13時 ヤクルト戸田グランド 

 ヤクルトレビンズ 87(40−6)11 日本IBMビッグブルー
            (47−5)

現地観戦。雨がポツポツ当たる空模様だった。後半には少しはっきりした雨になり、激しい降りにはならなかったけれど、手が滑ったりという影響は出ていたみたい。あと、かなり寒かった。

試合に関しては、試合前、昨年までの実績や今年ここまでの双方の試合結果を見る限り、ヤクルトの大勝以外、ありえないだろうと思ったし、実際そうなった。最終スコアは87-11でヤクルトの勝利。
立ち上がり、ヤクルトは反則やミスが多くて、流れに乗れないうちに、IBMがPGで先制したけれど、すぐにヤクルトがトライで逆転すると、あとは点差が開くのみ。あらゆる点で、ヤクルトの力が上回っていた。後半、IBMがヤクルトゴール前まで攻め込んだ時間帯が2回あり、2回目にトライを取りきったが、IBMの見せ場はそれくらい。IBMの選手たちが懸命にプレーしてるのは分かるんだけど、差がありすぎた。それでも、ヤクルトが3人の外国人選手抜きだったら、ここまで歴然とした差はないんじゃないかな、という気はするが。

正直、試合としての面白みは、あんまりなかった。ヤクルトを応援はしているけれど、これだけ差が開いたチーム相手に大勝しても、ほとんど感銘は受けないし、むしろ相手チームに肩入れしたい心理が働いてしまったりする。あんまり素直に試合を見れなくなってしまう。しかも、IBMは、昔は結構肩入れしてたチームで、元々親しみがあるから、なおさら。ちょっと面倒くさい。
前々から思ってるが、ラグビーはチームの力関係が試合の結果にはっきりつながる傾向があるから、いい内容が期待できないと分かってしまう試合が、ある割合で確実に発生してしまう。そういう所に、興行としては難しさがあるなと思う。
20171118pitch
20171118board

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治神宮野球大会2回戦 東洋大学対富士大学

2017.11.12(日) 14時 神宮球場
東洋大 1120140 9
富士大 0000100 1
(7回コールド)
[勝]飯田、[敗]鈴木翔
[H]東洋:原澤2(加藤、佐々木)

明治神宮野球大会、今日の第3試合、大学の部の1試合目。
名古屋の帰りに立ち寄った。対戦カードは知らなかったが、来てみて、片方は先週土曜に見た東洋大と知った。富士大って、どこにあるの?という感じだったが、花巻らしい。

東洋大は、おおむね先週の試合でも見たメンツで、そういう意味では分かりやすかった。先発投手も先週と同じ飯田。威力のあるストレートと遅い変化球で、緩急のあるピッチング。もう少し制球力があると、かなりいいピッチャーになるんじゃないかなとは思うんだが、パラパラとランナーを出しつつも、4回まで無失点。先週の亜細亜大戦と似たような感じ。
富士大の投手陣は、やっぱり1ランク下がるのかなという感じで、東洋大が初回からコツコツ得点を積み上げ、5回表終わって5対0。
5回裏は、東洋大の飯田が、先週つまづいたイニングだったが、今週も同様で。/、ここでヒット3本を打たれて1失点。
しかし6回表に東洋大は、富士大の3番手ピッチャーから2点タイムリーツーベースとツーラン(原澤。ちなみに5回に引き続いての2打席連続hホームランだった)で4点を挙げ、9対1と突き放した。
6回から、東洋大のピッチャーは甲斐野に交代(これも先週と同じ)。威力のあるストレートで、6、7回を0点に抑え、7回終了で大会規定により、9対1でコールドゲームで終了した。

かなりはっきりした力の差があったかな、という印象の試合だった。
20171112board2
20171112stadium
20171112score2

ちなみに第2試合は高校の部で、静岡高校対日本航空石川。この試合は、8回くらいから見ていたが、9回裏に日本航空石川が猛攻を見せた。延長に入ると、次の試合の開始が遅くなるから、追いつくくらいならサヨナラ勝ちしてくれよ、と思ってたが、結局追い切れなかった。
20171112score1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J2リーグ第41節名古屋対千葉

2017.11.11(土) 14時 豊田スタジアム
観客 28697人 主審 高山啓義 副審 藤井陽一、熊谷幸剛

 名古屋グランパス 0(0−0)3 ジェフユナイテッド千葉
           (0-3)

 得点 54分 千葉・ラリベイ
    63分 千葉・為田
    65分 千葉・ラリベイ

現地観戦。勝てば、最終節まで自動昇格の可能性が残ったはずの、ホーム最終戦。

名古屋の先発は、前節からの変更は、押谷の代わりにシャビエルが復帰して、一応、ベストメンバーという形。

立ち上がりから千葉にペースを握られる厳しい展開。千葉はガツガツ来るし、裏へポンポン放り込んで来るし(しかも精度が結構良かった)、動きも速いし、やられたら嫌なことを全部まとめてやられてた感じ。前目で全然ボールを持てないから、復帰したシャビエルも生きなかった(本人のコンディションも、万全じゃなかったぽいが)。
それでも、千葉の枠内シュートは武田がきっちり止めたし、名古屋が裏へ抜け出す得点機も2-3回はあったはず。前半最大のポイントは、30分過ぎにシャビエルが、相手パスをカットして、ファールを受けながらもペナルティに入り込んで、そこで倒された場面。ペナルティに入る前のファールは、後で警告が出たものの、ペナルティ内で倒された分は取って貰えず。さすがにあれは変だったと思う。

0対0で折り返した後半は、前半途中に足を痛めたと思われる玉田に代えて、シモビッチが入ってスタート。
しかし流れは変わらなかった。5分過ぎくらいからは、いつも名古屋がやってるみたいな相手陣内での球廻しを、千葉に延々とやられた上、9分についにシュートを決められて先制される。
その2分後が、後半最大のポイントだったと思う。左から入ったクロスを、シモビッチが頭で合わせた決定的なシュートが、クロスバーに弾かれた。ここで追い付けてれば、流れは変わったと思うが、ダメだったことで、逆に悪い方へ転がった感じ。18分に和泉が左サイドで町田に振り切られて2点目を失い、2分後には櫛引のミスパスから3点目。
名古屋は最後まで、優位に試合を運ぶことがほとんど出来ないまま、0対3で惨敗。夜の試合で長崎が勝って、名古屋の自動昇格は完全消滅。

あまりにもひどい負けっぷりだったので、悔しいとか残念とかを通り越しちゃった感じ。ただなさけないだけ。そういや、去年降格が決まった、最終節の湘南戦もそうだった。
ただ、今年はこれで終わりじゃなく、とにかくプレーオフを勝ち抜けば昇格出来るんだから、残り3試合(まあ、厳密には次節は昇格には、直接の関係はないが)、きっちり全勝してもらいたい。
千葉はいい試合してたと思う。なんでこういう試合が出来るのに、もう少し上の順位に居ないのか。ビジターでも、名古屋は完敗と言っていい試合だったし、あの時とこの試合では、名古屋はメンバーも戦術も、大きく変化していたはずなのに。まあ、名古屋(というよりヤヒロのスタイルか?)との相性なのかもしれないけれどね。
20171111board
20171111stadium
20171111score
20171111aisatu
20171111shati
20171111jef

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゴッホ 最期の手紙」

上野TOHOシネマ。11/3に付き合いで見に行った。
新聞の広告では11/4から公開となっていたのに、ネットで予約出来ちゃったというので、11/3に行ってみたら、どうやらこの映画館のプレオープン日で、正式には11/4から開業だったらしい。
ちなみに、映画館が入っているビル自体が、そういう位置付けだったらしい。パルコ系の「パルコや」というデパートも入るが、ここもプレオープンだった。ここは、入り口で入館制限を掛けていた割には尻抜けで、映画館から回り込んで入れるようになっていたから、ぐるっと回ってきた。ちょっと狭くない?という感じではあった。まあ、そもそも、自分がわざわざ上野まで買い物に行くような店ではないから、どうでもいいんだが。

映画館は普通に営業していた感じ。若干、プレオープンぽい不手際感もないではなかったけど、映画を見ることそのものには、特に問題はなかった。ただ、正式に開業した後の休日の夕方だったら、あんなにのんびりした客の入りではなかったんじゃないかな。

映画自体は、ゴッホが謎めいた状況で死んだ謎を追うという内容。ただ、どちらかというと、内容よりも手法が重要で、ゴッホの有名な作品を映像として取り込んで使うアニメーション映画。それをやるために、100人以上の画家を参加させて、セル画の代わりに油絵を使って、アニメを作っている。だから、ゴッホの絵が動いているように見える、非常に独特な映像になっている。単発の企画で、こういう映像が作られていることは過去にもあると思うけれど、長篇アニメ全編が作られているってのは、あまり例がないんじゃないかな。
見てみると、必ずしもゴッホのタッチとは言い切れない、実写に近く見える映像も半分近くあったし、油絵を動かしている部分も、結構CGでつないでいるのかな、と思ったんだが、後で制作手法を解説した記事を読んだら、俳優が普通に演技した映画をまず制作した上で、それを絵でトレースしたのだそう。CGは使われているが、ベースの映画の方での使用ということで、実際の作品は、あくまでも絵を撮影したものらしい。

ストーリーについては、印象的な部分もあったとはいえ、まあ、こんなもんだろうな、という範囲の内容。ほぼ事実に基づいていると思われ、あまり無理な演出はしていない。だから、それほどドラマチックな造りにもなっていない。
とはいえ、基本的には、特異な手法の映像を見ることが出来たという点だけでも、納得できる映画だったと思う。
(2017.11.3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J2リーグ第40節岡山対名古屋

2017.11.5(日) 13時 シティライトスタジアム
観客 12286人 主審 福島孝一郎 副審 木川田博信、福岡靖人

 ファジアーノ岡山 0(0−1)1 名古屋グランパス
           (0-0)

 得点 37分 名古屋・青木

DAZNでライヴで見ていた。

名古屋の先発は、前節の杉森が押谷に変わっただけ。杉森は、ああいうコンディションの中とはいえ、いまいち噛み合ってない印象だったから、そうかもね、という感じ。それにしても、スタートからシモビッチを使わないねえ。試合の途中でペースを変える、という意図はあるんだろうけど。シモは後から投入の方が効く、という判断? 確かに切り札は、(取っておける余裕があるなら)取っておいた方が効果的なのは確かだろう。

試合展開自体は、ずっと名古屋が主導権を握ってたと思う。
前半の前半は岡山の方がシュートは打ってたが、そんなに危険な場面はなく、前半半ばを過ぎると、名古屋のゴール前での決定的な場面が続出。でも、最後のパスが合わなくて、決められないことの繰返し。結局、前半無得点で終わるのか?、と思いかけたが、37分にようやく青木が決めた。それにしても、あの場面の玉田→小林→ヒサト→青木のパスの流れは綺麗だったな。

後半、名古屋の優位は変わらないにしても、岡山が攻勢に出始め、名古屋は前半ほど決定的な場面を作れなくなった。途中で押谷(どうも危なっかしい場面があるにせよ、時々、攻撃に効果的に絡んでいたから、悪くなかったと思う)を、シモビッチに代えたが、この日はあまりうまくはまらなかった印象。
先々週の長崎での試合を考えても、1点リードでは事故で追い付かれることもあるし、危険だから追加点が欲しい所だったけど、一向に取れそうな気配がなく、そのまま終盤。自ゴール前での岡山のセットプレーは続くし、ヒヤヒヤしっ放しで、全く落ち着いて見てられなかった。ロスタイム、岡山のシュートを武田が止められなかった時は、凍った。でも、ボールはポストに当たって外へ出た。直後に試合終了。

見ていて疲れたよ。現地に居たら、もっと疲れたろうなあ。

内容的には、本当にヤバそうな場面は2-3回しかなかったはずで、もうちょっと楽に見れても良かったはずの試合だったけど、最後が最後だったから、ウカツに安心は出来んという確信は、かえって強まった感じ。あと2試合、一体どういう気分で試合を見ることになるのやら…。
でもまあ、とにかく勝って良かった。それは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東都大学野球 東洋大対亜細亜大(11/4)

2017.11.4(土) 16時 神宮球場
東洋 010200100 4
亜細 000020100 3
[勝]甲斐野、[敗]中村稔

先週、先々週の悪天候の関係で、1勝1敗の後の3回戦がここまでずれていたもの。双方の勝ち点が並んでいて、勝った方が秋のリーグ戦優勝という、リーグ的には重要な試合。
東都大学野球は通常平日昼間開催だから、本来の日程だったら、見るのは難しかったかも。今年最後の野球観戦かな?というタイミングでもあったので、東京ガスグランドからの帰りに寄ってみた。

2回表に、東洋大がツーベースとタイムリーで1点先制。亜細亜大の先発投手(中村稔)は制球難で、ボール球が多くて危なっかしく、3回1死1-2塁で早々に2番手山城に交代。しかしこの場面は切り抜けた山城も、4回に3四死球で2死満塁として、2点タイムリーツーベースを打たれ、東洋大が2点追加。亜細亜大は3人目の投手で高橋遥を投入したが、5球連続ボール(ストレートの四球と、次打者への初球もボール)で、4番手の嘉陽に交代。これでようやく多少、落ち着いた。
東洋大の先発飯田も、それほど安定感はなかったものの、緩急の効いたピッチングで、打者を打ち取ることは出来ていた。しかし5回裏に、バックのまずい守備2連発で無死1-3塁を背負い、タイムリーヒットで2点を失った。ここで投手は2番手の甲斐野に交代。甲斐野はいきなり牽制悪送球、暴投、死球と荒れまくったが、なんとか後続は断って、リードを守った。
8回。しばらく前からポツポツ雨粒が落ちていたが、この辺からはっきり雨になり始めた。ここで東洋大はヒットのランナーが暴投と内野ゴロで3塁まで進み、次打者のボテボテの内野安打で生還して突き放したが、その裏、亜細亜大も、代打の平田がヒットで出て二盗、内野ゴロで3塁へ進み、さらに単独ホームスチールで生還。また1点差。
9回。東洋大は、2死からスリーベースが出てチャンスを作ったが(亜細亜大のライトが突っ込んで、後ろへ逸らした当りだったので、多分に守備ミスだったが)、返せず1点差のまま。その裏、亜細亜大は先頭打者の代打・中村将が四球で出て二盗。同点になりそうな気配が立ち込めたが、さらに三盗を試みて失敗。2死後に、前の回にホームスチールを決めた平田が四球で出塁。しかし今度は一塁を飛び出した所を挟まれ、タッチアウトになって、あっけなく試合終了となった。
そういうわけで、東洋大が優勝。

無茶な走塁死や、エラーが付かないものも含めると守備のミスが随分多かったことや、投手陣が軒並み制球が悪かったことなど、勝った方が優勝という、決勝戦のような試合にしては、随分雑な試合に見えた。東都って、こんなレベルなんだっけ?、と思ったが、新聞に載っていた優勝監督の談話を見ると、ミスだらけのまずい試合をしたという趣旨のことを言っていたので、まあ、そういう試合だったんだろう。
強い北風が吹いていて、かなり寒かったせいもあったのかもしれない。
今年最後の野球観戦かもしれないんだから、もうちょっと、いい試合を見たかったな、とは思ったけれども、単独ホームスチールなんて、滅多に見れないものもみれたし、まあいいか。
20171104board2
20171104kyujo
20171104sinpan
20171104score
20171104end

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップイーストDiv1東京ガス対ヤクルト

2017.11.4(土) 13時 東京ガスグランド 

 東京ガス 40(7−14)33 ヤクルトレビンズ
       (33−19)

現地観戦。東京ガスは、ここまでトップイーストのリーグ戦で、ヤクルトが全敗してる相手。

開始から5分くらいは、実績そのままにヤクルトが一方的に押し込まれたが、ゴール前まで来て、粘ってターンオーバーした所から流れが変わった。東京ガスにミスや反則が続き、ヤクルトがゴール前まで押し込むと、東京ガスの反則で認定トライ。思いがけない先制。
25分に東京ガスSOの華々しいキックパスで同点トライを奪われたが、ヤクルトは35分にピッチを広く使った展開から、最後はハミッシュが押し込んで突き放す。
その後、東京ガスにゴール前まで迫られたが、粘りのディフェンスではねかえし7点リードで折り返し。
今日のヤクルトは、きっちり正面からのタックルで、東京ガスの攻撃をよく防いでいたし、チャンスも生み出していた。

しかし後半立ち上がり、ヤクルトはいきなり、右サイドをあっさり破られトライを許して同点。やっぱりダメかと思ったんだが、その直後、ヤクルトは今までの東京ガス戦では見たことがないような攻撃を見せてくれた。キックオフからのリターンを蹴り返し、厳しく詰めてしてボールを奪うと、一気に相手ゴールへ向かって勝ち越し。さらにその後の東京ガスのキックオフのボールを自陣でキャッチすると、そのまま相手ゴールに雪崩れ込む連続トライで12点差のリード。これは行けるんじゃ?と思ったよ。
けれども、勢いが続かなかった。10分に1トライ返され7点差。その後、速攻で裏へ抜ければビッグチャンスという場面で、最後のパスがミスになり、逸機したのが少なくとも2回。相手のペナルティからのキックをタッチに蹴り出せなかったり、優位に試合を運べるはずの時間帯をみすみす手放すことが続き、明らかに地力で勝る東京ガスにじわじわ追い上げられ、30分に同点。ヤクルトの選手たちの動きが鈍って見える中、35分には勝ち越しトライを許し、すぐ後には認定トライを取られ、絶望的と見える14点差に。
それでも、今日のヤクルトは、ここからもうひと踏ん張りを見せた。ロスタイムに入って、激しい攻勢を見せ、1トライ返し、7点差まで詰めたが、ここまで。

このグランドでは、一昨年もきわどい試合をやって、勝ち切れなかった。今日も結局、やっぱり勝てなかったんだが、地力の差というのを感じずにはいられない中でも、ここまでやれたというのは、ちょっと感動するものはあった。このままやられちゃうかな、このままズルズルかな、と思った所でも、踏み止まっていたものな。
来年こそ勝ちたいよなあ。もっとも、東京ガスは、来年はトップチャレンジに行っちゃう可能性があるんだろうか。
20171104pitch
20171104board

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ