« J2リーグ第40節岡山対名古屋 | トップページ | J2リーグ第41節名古屋対千葉 »

「ゴッホ 最期の手紙」

上野TOHOシネマ。11/3に付き合いで見に行った。
新聞の広告では11/4から公開となっていたのに、ネットで予約出来ちゃったというので、11/3に行ってみたら、どうやらこの映画館のプレオープン日で、正式には11/4から開業だったらしい。
ちなみに、映画館が入っているビル自体が、そういう位置付けだったらしい。パルコ系の「パルコや」というデパートも入るが、ここもプレオープンだった。ここは、入り口で入館制限を掛けていた割には尻抜けで、映画館から回り込んで入れるようになっていたから、ぐるっと回ってきた。ちょっと狭くない?という感じではあった。まあ、そもそも、自分がわざわざ上野まで買い物に行くような店ではないから、どうでもいいんだが。

映画館は普通に営業していた感じ。若干、プレオープンぽい不手際感もないではなかったけど、映画を見ることそのものには、特に問題はなかった。ただ、正式に開業した後の休日の夕方だったら、あんなにのんびりした客の入りではなかったんじゃないかな。

映画自体は、ゴッホが謎めいた状況で死んだ謎を追うという内容。ただ、どちらかというと、内容よりも手法が重要で、ゴッホの有名な作品を映像として取り込んで使うアニメーション映画。それをやるために、100人以上の画家を参加させて、セル画の代わりに油絵を使って、アニメを作っている。だから、ゴッホの絵が動いているように見える、非常に独特な映像になっている。単発の企画で、こういう映像が作られていることは過去にもあると思うけれど、長篇アニメ全編が作られているってのは、あまり例がないんじゃないかな。
見てみると、必ずしもゴッホのタッチとは言い切れない、実写に近く見える映像も半分近くあったし、油絵を動かしている部分も、結構CGでつないでいるのかな、と思ったんだが、後で制作手法を解説した記事を読んだら、俳優が普通に演技した映画をまず制作した上で、それを絵でトレースしたのだそう。CGは使われているが、ベースの映画の方での使用ということで、実際の作品は、あくまでも絵を撮影したものらしい。

ストーリーについては、印象的な部分もあったとはいえ、まあ、こんなもんだろうな、という範囲の内容。ほぼ事実に基づいていると思われ、あまり無理な演出はしていない。だから、それほどドラマチックな造りにもなっていない。
とはいえ、基本的には、特異な手法の映像を見ることが出来たという点だけでも、納得できる映画だったと思う。
(2017.11.3)

|

« J2リーグ第40節岡山対名古屋 | トップページ | J2リーグ第41節名古屋対千葉 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66016258

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴッホ 最期の手紙」:

« J2リーグ第40節岡山対名古屋 | トップページ | J2リーグ第41節名古屋対千葉 »