« 2017年12月 | トップページ

感想「天国の南」

「天国の南」 ジム・トンプスン 文遊社
1920年代のテキサスを舞台にした小説。トンプスンの自伝的な要素が、かなりあるらしい。原著は1967年の刊行なので、トンプスンの小説としては最後期に近いと思う(没年は1977年だが、70年代にはあまり書いていないはず)。

主人公は21歳の流れ者の青年。過酷な人生をくぐってきて、すれっからしのように見せているものの、実はかなり純情な人物。ただ、自意識過剰で怒りっぽい所は、トンプスンの小説の主人公としてはお馴染み。こういう青年が歳を重ねて、いつもの小説の主人公のような、破綻した人間になっていく、というような流れなのかなと、思いながら読んでいた。石油のパイプライン敷設現場での出口の見えない生活が描かれているあたりにも、この作家らしい陰鬱な救いの無さが立ち込めていたし。
しかし半ば過ぎになると、にわかに犯罪小説らしい展開が前面に出て、活気が感じられるようになってきた。人生に対して投げやりだった主人公も、次第に甦って、意外にもロマンティックな青春小説の趣も見え始めた。

陰鬱で不条理感の漂う小説を書き続けていたトンプスンが、なぜこういう小説を書いたのか、ちょっと不思議。晩年になって、何か心境の変化が起きたんだろうか。とはいえ、底辺の人間が吹き溜まるパイプライン敷設現場の、人間の尊厳なんてほとんど存在しない環境や、そこで起きる陰惨な出来事は、トンプソンの小説らしくはあるんだが。
そうした建設現場の実態や、テキサスの過酷な風景の生々しい描写は、興味深いものではあって、トンプスンが自身の若い頃の経験を、文章として残そうとした、というふうにも思える。
そして、主人公のモデルが作家自身だとすれば、彼は、とにもかくにもこうした環境から抜け出して、成功を収めた人物なんだから、過去に対する、苦いけれども甘い想いのようなものがあったとしても不思議ではないし、この小説にそれが投影されている、と考えてもいいのかもしれない、とは思った。60歳を過ぎた作家のノスタルジー?、とか言ってしまうと、身も蓋もない感じになってしまうけれど。

それでも、興味深い内容はあったし、終盤の高揚感は、トンプスンのお馴染みのスタイルとは違うとしても、愉しめるものだった。
(2018.1.14)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ総合順位決定トーナメント第2節 東芝対神戸製鋼

2018.1.14(日) 14時 秩父宮 

 東芝ブレイブルーパス 17(0−22)41 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
             (17−19)

トップリーグ5位決定戦。
先週の試合ぶりから、東芝有利かと思っていたが、やっぱり外れた。

東芝の方が勢いがあったような気はしたが、10分過ぎに神戸製鋼が右サイドを縦に粘り強くつないで、先制トライ。その後、東芝が猛攻で、神戸製鋼のゴール前で攻め続けたが得点できず、20分過ぎに、パスミスを神戸製鋼にかっぱらわれて、トライに持ち込まれ12点差。この辺から東芝が元気がなくなり始めた気がする。その後、神戸製鋼が1TR1G1PG追加し、前半22対0で折り返し。まさかの完封もある?という展開。

後半は立ち上がりから、東芝が神戸製鋼陣内に押し込んだが、ゴールまで持ち込めない。ゴールに迫った所で、どうしてもミスが出るし、連携もどんどん悪くなっていった。そして57分に神戸製鋼14番の正面が、ハーフライン付近でスクラムから出たボールを、東芝ディフェンスをステップでかわしまくって、トライまで持ち込み突き放す。正面は69分にもパスカットからトライに持ち込み、後半は正面劇場かい、という感じになった。ただ、これで少し神戸製鋼は気が緩んだかな。こうなったら絶対完封で終わるぞ、みたいな選手の声が聞こえたんだが、そのすぐ後に東芝の左サイドで、この日初めてみたいなパスの綺麗なつながりから、14番宇薄が抜け出して、完封を免れるトライ。さらに双方が1トライづつ取ったロスタイム、勝敗はついていたが、東芝が自ゴール前から執念でつないで、最後はまた宇薄が持ち込み、41対17で終了。神戸製鋼が5位を獲得。

東芝は、押してる時間は長いが空回り気味だった。一人一人はそれなりに強いにしても、選手間の意思疎通に問題があるように見えた。ドナルドとカフイの間はしっかりつながってる感じだったんだけど、いくら中心選手とはいえ、二人だけでは。
神戸製鋼は、先週同様、そんなに華々しさはなかったが、きっちりつないで、きっちりディフェンスして、という手堅さが感じられたし、そういう所が、今日の東芝のようなチームには効いたんだろうなという気がした。

これで今季のラグビー観戦は(多分)終了。今季はあんまり試合数を見なかった気がするんだが、来季はどうなるかな。
20170114board2
20170114stadium2
20170114score2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ総合順位決定トーナメント第2節 NEC対リコー

2018.1.14(日) 11時半 秩父宮 

 NECグリーンロケッツ 20(17−20)44 リコーブラックラムズ
             (3−24)

トップリーグ7位決定戦。

先週の出来を見ると、NEC有利?と思えたが、PGで3点づつ取り合った後、トライで先行したのはリコー。ラインアウトを起点にして、素早い繋ぎからのトライと、モールで押し込むトライで、14点リード。しかし30分過ぎにNECに立て続けに2トライ奪われて同点になり、その直後、さらに、NECのハイパントのキャッチミスから逆転のトライを許す、お馴染みのヘタレぶり…と思ったら、ハイパントのタイミングでNECの選手の飛び出しが僅かに早く、TMOでオフサイド認定されノートライ。これでリコーは救われた。前半終了間際にPGで加点したリコーが、20対17とリードして折り返し。

リコーは後半も序盤にPGで突き放しはしたものの、ミスが多くて不安定な試合ぶり。先週、キックが絶不調だったSO(ロビー・ロビンソン)は、何度もいいパスを放ってたと思うが、今日もキックはやっぱりいまいち安定感がなかったみたい。そのせいかどうかは分からないが、後半10分過ぎに退いて、SOには13番のタマティ・エリソンが入った。その影響かどうかはわからないが、この辺からリコーの勢いが増した。55分以降に4トライ。終盤、元気を無くしたNECを圧倒したリコーが、44対20で7位を獲得した。

それにしても、NECのNo8ジョージ・リサレはパワフルで、NECの怪人外国人選手の伝統に連なる選手かと(^^;。セミシ、ラトゥ、ナドロ…。もっとも、彼は流経大卒なので、純粋な外国人枠の選手ではないみたいだけれど。
20170114board1
20170114stadium1
20170114score1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「幸運な男」

「幸運な男」 長谷川晶一 インプレス
ヤクルトスワローズのピッチャーだった伊藤智仁の半生記。
タイトルは、彼が「悲運のエース」と言われているが、実は幸運な男だったのかもしれない、と著者が思った、というところから来ている。というか、智仁自身が、自分の半生を振り返って、ラッキーだったと言っているのだそうで。本書を読んでいると、確かにそうなのかもしれない、とも思えてくる。不運は不運だけれど、特別な能力を持って特別な経験をしたのも確かだし、それは多分に幸運に恵まれてのことだった。おそらく、大多数の人間と同じくらい、いいこともあれば悪いこともある半生だったんだろうと思う。ただ、その振れ幅が、並みの人間よりも大きかった。そして、幸運も不運も同じくらいあったんだとすれば、それをどう取るかは、本人の気持ち次第だろうな。

もちろん、93年の劇的なデビューと、実働わずか3ヵ月での故障による離脱、以降の苦闘が、本書の内容の中心になる。
93年の故障については、当時の野村監督による登板過多が原因だと一般的に思われているし、本書を読んでも、それは間違いではないと思えるが、その後、復活するまでの道のりが長かったこと、復活した後も元通りにはならなかったことについては、それ以降の対応に、いろいろと失敗があったことも、大きく影響していることが分かった。智仁自身が判断を誤って、無理をしてしまった面もあったらしい。そもそも、智仁が凄いピッチャーになれたのは、身体の柔らかさに恵まれていたからだけれど、それが故障の大きな原因でもあったということになると、93年にああいう劇的な形で居なくなるということがなかったとしても、早晩、故障を発生していた可能性が高いような気がしてくる。あの頃の日本では、今ほど、投手のコンディションに注意が払われていなかったし、知識も普及していなかっただろうから、こうした特別な身体を持ったピッチャーに、故障なく、キャリアを全うさせる環境はなかったんじゃないだろうか。
そう考えると、「不運」だったのは、そもそもそういう身体に生まれついて、プロ野球のピッチャーになってしまったことそのもの、とも思えてくるし、それはもう、運・不運で語ることではないような気がする。

とはいえ、やっぱり、読んでいて、かなりつらい気分になる本だった。この先、どういうことが起きるかというのが分かっているからね。智仁のキャラに悲劇性がないのが救い。智仁の人間性がよく見えてきて、いいやつだなあと思うし、読んでよかったとは思ったが。

それにしても、智仁のこうした経験が、スワローズにどれくらい生かされているんだろうと思う。昨年の秋吉のリタイアには、智仁の経験が生きたというようなことが、本書には書かれているが、この10数年、このチームがどれだけの選手を故障で失ってきたかということを考えると、疑わしくなってくる。好意的に考えれば、早め早めに手を打っているから、故障離脱の選手が多くなる、ということなのかもしれないけれど(とてもそうは思えない事例を、いくつも聞いてはいるが)。それにしては、故障から万全で戻ってくる選手が、少なすぎるようにも思える。 経験を生かせていないとしたら、それはチームの怠慢だよ。
やたらと故障からの復活を美談にしたがるが、そんなものは、本当はない方がいいんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ総合順位決定トーナメント第1節 東芝対NEC

2018.1.6(土) 14時 秩父宮 

 東芝ブレイブルーパス 29(14−17)22 NECグリーンロケッツ
             (15−5)

秩父宮第2試合。

東芝が押し気味なのに、NECにばかり点が入る序盤。1PG2トライで17-0とNECが先行した。前半、NECファンが多いエリアで見ていたが、周囲のNECファンが浮足立っているのが微笑ましかった。もっとも、NECも過去の成績を考えたら、そんなに弱いチームじゃないはずなんだから、そこまでびっくりしなくても、とは思った。
ただ、さすがに、東芝がじわじわと巻き返した。33分と37分にCTBカフイが立て続けにトライを決め、東芝が3点差まで詰めて前半終了。
後半は、前半の流れのまま、開始早々に東芝が逆転のトライを決め、これで一気に決まってしまうのかなと思ったが、NECがその後粘った。左サイドをスピードで破りかける場面が続いた後、18分には相手ゴール前で粘った末に、再逆転のトライ。
しかしその後は、また東芝に主導権が渡った。23分のチャンスは、トライ寸前でタッチ外へ押し出されたが、26分に相手ゴール前でつないで、逆転のトライ。33分にはPGも決めて7点差。その後も東芝が押し込んだ状態で時間が進み、NECは1トライ差を追いつくことが出来ないまま、試合終了。

東芝は、前半序盤はちょっと入れ込み過ぎな感もあって、空回りしていたが、落ち着いてからは貫録を感じさせる試合ぶりだった。まあ、東芝が地力を見せたという所なんだろう。スピード感も力強さもあった。
それでもNECも、ひところに比べると、今季はチーム力がだいぶ戻っていたのかな、という印象だった。
双方のチームにミスが目立った第1試合に比べて、第2試合は噛み合っていて、華々しいトライシーンも多く、結構いい試合だった、という感じ。
20180106board2
20180106pitch2
20180106score2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ総合順位決定トーナメント第1節 神戸製鋼対リコー

2018.1.6(土) 11時半 秩父宮 

 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 19(12−5)10 リコーブラックラムズ
                 (7−5)

今年の初観戦試合。秩父宮第1試合。
トップリーグの順位決定戦(5〜8位)。今日の第1、第2試合で勝ったチーム同士が来週やって、連勝すると5位になれる。それにどれだけ意味が?という気もしないではないから、選手たちのモチベーションて、どんなもんなのかな、とは思うが。

立ち上がりから神戸製鋼が攻勢。2分過ぎには先制のトライ。その後も神戸製鋼が優勢。手堅くパスをつないで、じりじり上げて行くだけなんだが、リコーは止められない。しかし、神戸製鋼の試合運びって、こんなに地味だったかなと思った。もっと個人技が前面に出た、ケレン味のある試合をしてた印象があるんだが、今季はこんな感じだったのかな。
ただ、神戸製鋼も押している割に追加点が入らず、20分ごろにリコーが反撃してついにトライを決めたが、30分過ぎに神戸製鋼もトライで突き放す。前半は12-5で神戸製鋼リード。
後半に入ると、リコーに勢いが出たように見えた。7分には、ラインアウトからモールで押し込み2点差。ただ、SOのキックが絶不調で、コンバージョンが決まらないだけでなく、流れの中でも明らかなミスキックが連発し、流れを引き寄せられない。それ以上点差が詰まらないまま、30分過ぎに神戸製鋼がトライで、ほぼ試合を決め、19-10で終了した。

リコーは、SOの不出来もそうなんだけど、それ以外にもここぞという所でミスが出るユルさがあって、試合展開的には勝機は十分にあったと思うが、物に出来なかった。やっぱりプレーの精度にいまいち問題があると思う。まあ、いつものリコーといえば、その通りなんだけど。
神戸製鋼にも、リコーにお付き合いしたような凡ミスが結構あったとは思うが、やはり手堅さで上回った感じ。それにしても、思わず観客が沸くようなビッグプレーはほとんど見られず、ひたすら地味だった印象。もしかして、会社の不祥事が、何か関係してたりするんだろうか。
20180106pitch1
20180106board1
20180106score1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「岳飛伝」14

「岳飛伝」14 北方謙三 集英社文庫
今度こそ、最終決戦に向けて、話が本格的に動き出した感じだけれど、戦線が広く薄くばらけている上、敵味方の関係もだいぶややこしいので、いずれにしても、そんなにスッキリとはいかないんだろうと思える。実際、話としても、焦点が多すぎて、いくらか散漫になってる気もする。
どうやら、決戦以降の時点では、日本がかなり絡んで来そうな気がするんだが、ここもどういう風に持っていくつもりなのか、よくわからない。平泉の藤原氏はいずれ滅びるけど、それも話に繋げてくるのかどうか。源平の争いなんかも関わってくるのか? 阿波の炳成世との絡みもどうなるんだろう。
ただ、分からないことだらけで、予想がつかないから楽しみ、というのはある。
途中に一瞬出てきた蒙古の若者は、テムジンなんだろうね。胡土児相手に、楊令と岳飛みたいな場面を演じているのは、そのまま、次のシリーズへの伏線ぽい。著者はこの時点で、既に次作をやる気十分だったということか。
(2018.1.4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス」

お付き合いで見に行った映画。渋谷のイメージフォーラム。ここは初めて行った。

ヒエロニムス・ボスの「快楽の園」という有名な絵について語る映画。タイトルだけ見ると、画家についての映画みたいだが、他の作品についてもいくらか触れてはいるものの、実質的に、この絵についての映画といって差し支えないと思う。
正直、だいぶしんどかった(^^;。元々、それほど関心のある絵ではなかったし、それほどよく知ってもいなかったので、語られる内容に、いまいちついていけず。まあ、語られる内容も、絵についてじっくり解説するというよりは、各界著名人(ただし、あくまでも、この絵が所蔵されているスペインを中心とした)が個人的な印象を語る、という感じの時間が長いし、比較的専門的な話の部分も、じっくり掘り下げるというより、短いカットでつないでいくという体裁だったから、集中して観ていることが出来なかった。
「快楽の園」というのが、相当えぐい描写も含んだ、シュールな絵画だということは、よくわかったけれど。とはいえ、それで、この絵に、すごく関心がわいたというわけでもない。

個人的に一番興味を覚えたのは、感想を語る著名人のなかに、サルマン・ラシュディが居たこと。今も健在で、こういう場所に出てこれるような状況に居るんだなあ。で、今から30年くらい前に買った「悪魔の詩」を、結局、今も読んでないんだよなあ、と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「地球防衛未亡人」

昨晩、寝ようかと思いながらテレビの番組表を見てたら、TVKでこれの放送が始まるところだったので、最後まで見てから寝た。壇蜜主演の2014年の特撮映画。

映像や話の作りが、初期のウルトラシリーズのチープな雰囲気をうまく再現しているパロディもので、かなり笑わせてもらった。
壇蜜主演なので、当然エロい場面はあるんだけど、思ったほどではなかった。テレビ向けに編集が入っていたのかなと思ったが、壇蜜が主演した映画では初の無指定だったということなので、元々、こんなものだったんだろう。

怪獣を攻撃する戦闘チーム(略称が「JAP」てのがいい)のエースパイロットが壇蜜。殺された婚約者の仇を取ろうとして、怪獣と戦う。司令官の森次晃嗣が、壇蜜に「ダン隊員」と呼びかけるのには笑った。壇蜜だからダン隊員なのかと思ったが、一応、役名もダンだった。古谷敏ときくち英一という、新旧ウルトラマン俳優がゲスト出演してたのも良かった。あと、JAPアローという名前の戦闘機は、マットアロー1号が原型のような気がしたな。

内容は、とりたてて大したものではないけど、日本の国際関係について、風刺というほどでもないにせよ、皮肉っぽいあてこすりをしてたあたりは、ちょっと面白かった。ニュースペーパーのメンバーが安倍晋三、ノッチがオバマのパロディ役で出てきていた。

しかし、この話、壇蜜は結婚前だったんだから、「未亡人」ではないと思うんだがな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」

元日に映画を見に行ったのは、初めてじゃないかと思う。お付き合いだったが、「オーズ」のエイジとアンクが出るようだったので、それなりに関心もあった。ただ、エグゼイドのテレビシリーズは絵面や設定がチャチ過ぎるように思えて、早々に見る気をなくして脱落したし、その流れでビルドも全然見てないから、ちょっと不安はあった。

結果的には、エグゼイドとビルドについては、見てなくてもそんなに問題はなかった感じ。一方の世界ではエグゼイドがヒーローで、もう一方ではビルドがヒーローで、そのふたつの平行世界が同時に危険にさらされる、という程度の中身だったから。セカンドライダーとかが多くて人間関係がややこしくても、今までのライダー物からの類推で、割と簡単に推測も出来た。
オーズからゴーストまでの「レジェンドライダー」については、元々、かなりわかっているし。というか、自分的な見どころは、むしろ彼らの出演シーンだった。
もっとも、ゴーストについては、エグゼイドが始まってからの、見ていない映画版でも話が進行してたらしく、なんで御成があんなことになってるのか分からなかった。まあ、いいけど(^^;。西銘君も髪が黒くなってて、見違えた。
オーズの渡部秀と鎧武の佐野君は、おっさんになったなあ。それにくらべて、アンクの三浦君は、あんまり変わってるように見えなかった。まあ、メイクが濃いから、というのもあるんだろう。
映画としては、オーズとアンクが全部持って行っちゃってた感じがする。観客が泣く所は、全部あの二人の絡みだった(^^;。もっとも、オーズを見てない観客は、分からないから、そういうリアクションにはならないな。
フォーゼの福士君が、あいかわらず活舌が悪くて、微笑ましかった。今や有名俳優だし、もっと達者になったのかと思ったが。同行者は、これでも凄くうまくなっていると力説していたけれど。

映画版の通例で、細部の整合なんてほとんど気にしない、大雑把な話の作りだったけれど、今回は変に理屈でまとめようとせず、勢いで話を進めていたから、あまり気にならなかった。レジェンドライダーの使い方も結構手厚くて、楽しめたから、悪くない出来だったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ