« トップリーグ総合順位決定トーナメント第2節 東芝対神戸製鋼 | トップページ | 感想「ブレードランナーの未来世紀」 »

感想「天国の南」

「天国の南」 ジム・トンプスン 文遊社
1920年代のテキサスを舞台にした小説。トンプスンの自伝的な要素が、かなりあるらしい。原著は1967年の刊行なので、トンプスンの小説としては最後期に近いと思う(没年は1977年だが、70年代にはあまり書いていないはず)。

主人公は21歳の流れ者の青年。過酷な人生をくぐってきて、すれっからしのように見せているものの、実はかなり純情な人物。ただ、自意識過剰で怒りっぽい所は、トンプスンの小説の主人公としてはお馴染み。こういう青年が歳を重ねて、いつもの小説の主人公のような、破綻した人間になっていく、というような流れなのかなと、思いながら読んでいた。石油のパイプライン敷設現場での出口の見えない生活が描かれているあたりにも、この作家らしい陰鬱な救いの無さが立ち込めていたし。
しかし半ば過ぎになると、にわかに犯罪小説らしい展開が前面に出て、活気が感じられるようになってきた。人生に対して投げやりだった主人公も、次第に甦って、意外にもロマンティックな青春小説の趣も見え始めた。

陰鬱で不条理感の漂う小説を書き続けていたトンプスンが、なぜこういう小説を書いたのか、ちょっと不思議。晩年になって、何か心境の変化が起きたんだろうか。とはいえ、底辺の人間が吹き溜まるパイプライン敷設現場の、人間の尊厳なんてほとんど存在しない環境や、そこで起きる陰惨な出来事は、トンプスンの小説らしくはあるんだが。
そうした建設現場の実態や、テキサスの過酷な風景の生々しい描写は、興味深いものではあって、トンプスンが自身の若い頃の経験を、文章として残そうとした、というふうにも思える。
そして、主人公のモデルが作家自身だとすれば、彼は、とにもかくにもこうした環境から抜け出して、成功を収めた人物なんだから、過去に対する、苦いけれども甘い想いのようなものがあったとしても不思議ではないし、この小説にそれが投影されている、と考えてもいいのかもしれない、とは思った。60歳を過ぎた作家のノスタルジー?、とか言ってしまうと、身も蓋もない感じになってしまうけれど。

それでも、興味深い内容はあったし、終盤の高揚感は、トンプスンのお馴染みのスタイルとは違うとしても、愉しめるものだった。
(2018.1.14)

|

« トップリーグ総合順位決定トーナメント第2節 東芝対神戸製鋼 | トップページ | 感想「ブレードランナーの未来世紀」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66289925

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「天国の南」:

« トップリーグ総合順位決定トーナメント第2節 東芝対神戸製鋼 | トップページ | 感想「ブレードランナーの未来世紀」 »