« 感想「本格ミステリ戯作三昧」 | トップページ | J1リーグ第1節G大阪対名古屋 »

感想「ミスター・マジェスティック」

「ミスター・マジェスティック」 エルモア・レナード 文春文庫
「オンブレ」の訳者あとがきで村上春樹が、レナードのウエスタン風の現代小説の中で、推奨する作品として挙げていたもの。原著は1974年の刊行。邦訳は1994年で、自分が読んだのはその直後。再読は、多分、それ以来。

アリゾナでメロン畑を営む、ベトナム戦争帰りの主人公・ヴィンセント・マジェスティックが、地元のやくざとのいざこざをきっかけに、偏執狂の大物殺し屋に付け狙われる話。

ストーリーは単純。ややこしいことをあれこれ考えさせるような余地は、ほぼない。主人公と悪い奴らが、ウエスタン風な構図の中でひたすら戦う話で、比較的単純な話が多かった印象のある彼の初期の犯罪小説でも、ここまでシンプルなものはあまりないかも(ただ、初期の犯罪小説は、現時点でも未訳が結構あると思うので、その印象が正確かどうかは、なんともいえない)。しかも、場面がいちいち華々しい。序盤の護送車襲撃シーン、中盤の度重なる激しいカーチェイス、終盤の銃撃戦。訳者のあとがきに、レナードが書いた映画のシナリオがベースになっている、という記述があり、それを考えると、かなり納得出来る。いかにも映画的な内容ではあると思う。
悪役の造型に、いつものらしさは感じられるとはいえ、それ以外の登場人物は、割と類型的だし、主人公も単純なヒーローに近い。レナードとしては少し特殊な作品というべきなんじゃないかな。繰り返しになるが、邦訳紹介されていない初期の犯罪小説が相当数あると思われ、自分がそれを読んでいない現状では、その辺をはっきり言い切ることは出来ないけれど。
ただ、村上春樹は未訳作も読んでいるようだし、その上で本書を推しているというのを、どう考えたらいいか。確かに、単純明快に面白い小説なのは確かだし、それが推奨の理由と考えていいのかもしれない。もっとも、邦訳されていることも、理由の一部には違いないだろう。

「オンブレ」では、主人公を他の登場人物の視点から描いているので、主人公の内心が見えず、謎めいたハードボイルド的な人物に見えると感じたが、本書は主人公の視点もどんどん描かれていくから、そういう雰囲気はない。もし、同じような描き方をしていれば、この主人公も、メロン栽培に異常にこだわるストイックな人物に見える、のかな? あんまり、そういう気はしないが。ウエスタン的な構図はあるにしても、「オンブレ」とはかなり違う雰囲気の小説になっているのは間違いない。 ずっと単純で、ストレートな娯楽小説と言えると思う。
(2018.2.18)

|

« 感想「本格ミステリ戯作三昧」 | トップページ | J1リーグ第1節G大阪対名古屋 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66415793

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「ミスター・マジェスティック」:

« 感想「本格ミステリ戯作三昧」 | トップページ | J1リーグ第1節G大阪対名古屋 »