« YBCルヴァン杯第2節 広島対名古屋 | トップページ | オープン戦 ヤクルト対ソフトバンク(3/18) »

イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(3/17)

2018.3.17 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
F 00001001000 2
S 02000000000 2

ヤクルト戸田球場のイースタンリーグ開幕戦。
つばみ、パッション、パトリックなんかも来て、にぎにぎしく開幕戦セレモニーをやっていた。もうすぐ退任する戸田市長による始球式もあった。

先発投手はヤクルトが高橋奎二、日ハムが斎藤佑。
ヤクルトは4番サードで高卒新人の村上が先発。その村上が、2回に先頭打者でショートへの内野安打で出ると、続く大松が右中間にツーベースを打ち、渡邉の2点タイムリーでヤクルトが先制。
高橋奎二は以前ほど迫力を感じなかったが、コースにきっちり投げていて、安定感は増していたような気がする。ファールで粘られる打席があったが、根負けせずに投げ勝っていた。ただ、そのせいで球数は多めだった。5回表に杉谷にツーベースを打たれ、内野ゴロで3塁に進まれた後、バッテリーエラーで還られてしまい(多分、暴投ではなく捕逸だと思う。ちなみに捕手は古賀)、1点は失ったが、5回までの登板は、まずまずの内容だったと思う。
6回以降は双方とも継投。ヤクルトは6回の久古は完璧、7回の屋宜は2安打でピンチを背負ったが無失点で切り抜けた。しかし、8回に登板した山本哲が、石井一にヒットで出塁された後、大田泰にツーベースを打たれて同点。9回は梅野が無失点に抑えたが、打線が日ハムの継投から得点出来ず、延長へ。しかし、10回、11回とも、双方大きなチャンスを作れず、そのまま終了した。

村上は打撃を評価されての起用だと思うが、1本だけだったヒットも走り勝っての内野安打だから、そういう面は今日は見れなかった。ただ、体格の割には走塁や守備が軽快に見えたので、割とうまくやっていけるんじゃないかな、という気がした。
他の新人では、4回に大松の代打として宮本が出場して2安打。2本ともクリーンヒットだったから、今日の所は、村上よりも宮本の方が打撃は良かった感じ。
投手陣はお馴染みの顔ぶれだった。高橋以外では、9-10回を投げた梅野が安定感があって良かった。梅野は先発じゃないのか?と思ったが、まあ、今日の所は流れだったのかもしれない。上も開幕して、選手がはっきり上と下で分かれてみないと、イースタンの試合の選手起用はよくわからない所があるし。

それにしても、斎藤佑は、いろんな意味で、すっかり普通の選手になってしまったな。加入した年の、戸田での登板試合での観客の多さを思い出すと、隔世の感がある。
20180317kyujo
20180317board
20180317encho
20180317score
20180317end
神保戸田市長の始球式。マウンドよりだいぶ前から投げたので、ホームベースには届いた。
20180317sicho

|

« YBCルヴァン杯第2節 広島対名古屋 | トップページ | オープン戦 ヤクルト対ソフトバンク(3/18) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66508601

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(3/17):

« YBCルヴァン杯第2節 広島対名古屋 | トップページ | オープン戦 ヤクルト対ソフトバンク(3/18) »