« イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(3/17) | トップページ | J1リーグ第4節名古屋対川崎 »

オープン戦 ヤクルト対ソフトバンク(3/18)

2018.3.18 (日) 13時 神宮球場
H 010201200 6
S 30000040X 7
[勝]田川、[S]カラシティー、[敗]加治屋
[H]S:山田(武田)、バレンティン(武田)、H:デスパイネ3(山中2、秋吉)、松田(田川)、福田(田川)

少し出遅れ、1回裏半ばの到着。山田の先制ツーランを場外で聞いて、スタンドに入った所でバレンティンのホームランが入った。3対0とヤクルトが先行。
しかし2回表に先発の山中が、デスパイネにホームランを喰らい、3対1。4回表にも、ヒットの柳田を置いて、デスパイネのツーランで同点。山中はうまく内野ゴロを打たせる投球は健在だけど、ハードヒッターにガツンと打たれると、やっぱり球が飛んでっちゃう。でもそこは山中の持ち味なんだから、しょうがないな。

5回表は2番手中尾が3人で片付けたが、6回に秋吉が、またデスパイネにホームランを喰らって逆転。3打席連続。でもまあ、今日は、デスパイネに打たれた分は勘定外でいいかなと(^^;)。
7回表は田川が登板。育成選手のままの田川が、イースタンリーグも始まってるこのタイミングで、上のオープン戦に出てくる理由がよく分からなかったんだが、支配下登録の目処が立って、上のスタッフの目での最終チェックという意味だとしたら、分かる気はする。ただ、松田と福田に2発のホームランを喰らう内容では、ちょっとどうだったのかな、とは思う。これで3対6と、ヤクルトが敗色濃厚になった。
しかしソフトバンク先発の武田に対して、初回に3点取ったきり、ヒットもろくに出ない状態で抑えられていた打線が、7回裏に武田が交代した途端に元気になった。昨日戸田で見ていたルーキーコンビの村上・宮本が連打。さらに山崎のバントが守備の乱れを誘って内野安打になり、無死満塁。ここで山田が2点タイムリー。さらに鵜久森も、2点タイムリーを放って逆転。
8回表を石山、9回表を新外国人カラシティーがきっちり抑えて、7対6でヤクルトが勝った。

オープン戦なんで、勝敗はどうでもいいんだが、チームは割と順調に来てるのかな?という印象。結局、デスパイネのホームラン以外の失点は、現時点では支配下登録されていない田川が、ホームランを2発打たれただけだし。ただ、打線に関しては、武田にかなりてこずっていたから、相手次第なのかもしれない。
初めて見たカラシティーは、緩急の使えるピッチングがいい感じだった。もっとも、1試合見ただけでは何とも言えないけれどね。それにしても、田川が勝ち投手というのは、なんとも(^^;。
ソフトバンクは、結局、ホームランでしか得点できなかったわけで、あんまりいいことじゃないんじゃ、と思うが、よそのチームのことだから、まあ、どうでもいい。ソフトバンクは、それでいいのかもな、という気もするし。
20180318board
20180318kyujo
20180318score
20180318end

|

« イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(3/17) | トップページ | J1リーグ第4節名古屋対川崎 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66512297

この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦 ヤクルト対ソフトバンク(3/18):

« イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(3/17) | トップページ | J1リーグ第4節名古屋対川崎 »