« J1リーグ第4節名古屋対川崎 | トップページ | 感想「岳飛伝」17 »

イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(3/24)

2018.3.24 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
M 000002011 4
S 020000100 3
[勝]高野、[S]東條、[敗]久古
[H]S:渡邉(宮崎)、M:ドミンゲス(岩橋)、和田(久古)

先発投手がヤクルト岩橋、ロッテはチェン。ただしロッテは、開幕を睨んでか、細かく投手を替えてきた。
先制したのはヤクルトで、好投のチェンから代わって3回に登板した宮崎から、渡邉がツーラン。渡邉は昨日も打ったらしいんで、2試合連続。おれは、最終的には廣岡よりも渡邉の方が物になるんじゃないかと思ってるが(ただ、渡邉は怪我が多い印象があるので、少し気になってる)、とりあえず打撃好調なよう。
岩橋は初回に大木にヒットを打たれたが、それ以降、5回まで無安打に抑え、失点もしなかった。ただ、与四球は6で、ちょっといただけない感じ。そして6回に先頭打者ペゲーロにヒットを打たれた後、ドミンゲスにツーランを打ち込まれて同点。さらに四球とヒット2本を連打され、山本哲に交代。山本は後続を断って、ここは切り抜け、7回も無失点に抑えた。
ロッテは4-5回を佐々木が投げ、6回からは関谷が登板していたが、7回裏に先頭の井野と大村が連打で出て、山川のバントは捕手の野選を呼び、無死満塁。1死後、西浦の犠飛で、ヤクルトがまた1点先行。
しかし8回表、今度はヤクルトが、3番手の屋宜が3連打で無死満塁を背負う。1死は取ったが、その後四球で押出し。また同点。久古が救援して、いったんは踏み止まったものの、8回裏をロッテの高野に抑えられた後の9回表、先頭打者の和田に、久古がライトにホームランを打ち込まれ、勝ち越しを許す。9回裏、ロッテ6番手の東條に対して、四球死球ヒットで1死満塁と攻めたが、後が続かず3-4で敗戦。

7回以降、やたらともつれて長引いた試合だった。しかも、どっちもチャンスの割に得点が少ないから、延長に突入しやしないかと、ひやひやした。もっとも、用事があったから、元々9回裏で引き上げるつもりではいたが。
投手陣については、岩橋は、この内容では上は厳しいんじゃないか、というのと、相変わらず久古は一発を食らうなあ、というのと。屋宜は、日本ハム時代に見たことがあったし、去年、シーズン途中でトレードで加入してからもぱっとしないから、正直、あまり期待を持ってないんだよなあ。
村上が今日も4番サードで先発していて、クリーンヒットを1本打っていた。足の速さも見せてくれた。ただ、守備では1塁悪送球がひとつ。まあ、守備が粗いのは、まだしょうがない。元々キャッチャーでやってたのをコンバートしたんだから。これから鍛えていくところだろう。
なお、ロッテは、やたらと走塁ミスが目立った気がする。何か、試そうとしてることでもあるのかね。そんなことを思うくらい、ちぐはぐな感じだった。
20180324board
20180324kyujo
20180324end
20180324score
例年、この時期のヤクルト戸田球場は、土手下の桜が気になるが、今日はいまいちまだ咲いてない感じだった。雰囲気的には、週明けくらいに満開で、来週末まで持つかどうか、というところだと思う。まあ、天候にもよるだろう。ただ、来週はチームが戸田にいないんだよな。
20180324sakura

|

« J1リーグ第4節名古屋対川崎 | トップページ | 感想「岳飛伝」17 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66533936

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(3/24):

« J1リーグ第4節名古屋対川崎 | トップページ | 感想「岳飛伝」17 »