« セリーグ ヤクルト対DeNA(4/22) | トップページ | J1リーグ第10節名古屋対清水 »

東京新大学野球 東京国際大対創価大(4/23)

2018.4.23 (月) 13時 岩槻川通球場
国際 100010100 3
創価 100000000 1
[勝]柴田祐、[敗]小孫

1勝1敗で3回戦にもつれ込んでの、今日の試合。半年ぶりに岩槻川通で東京新大学野球を見た。ちなみに、創価大の試合を見るのは初めて。

双方、先発投手はエース格だったのかな? 東京国際大は柴田祐、創価大は小孫。初回はともに不安定な立ち上がりで、1点づつ失ったが、2回以降は次第に安定して、投手戦になった。
どちらかというと、小孫の方が、速球主体のより存在感のあるピッチングをしていると思ったが、時々、制球が乱れる傾向があり、5回にランナーを四球で出して、犠打で二進の後、ショートのタイムリーエラーでランナーが還り、東京国際大が勝ち越した。7回にも、ヒットと犠打で同じような形になった後、同じようにショートのタイムリーエラーでもう1点。なお、出塁したランナーも遊ゴロを打った打者も5回と同じで、リプレイを見ているかのようだった。
柴田祐の方は、速球に時々混ぜる変化球が効果的だったし、回を追うごとに調子を上げ、終盤は乗ってるな、という感じだった。こちらはバックの好守にも支えられ、2回以降は無失点で完投。
なお、小孫も完投。被安打5与四球3だから、決して悪いピッチング内容じゃなかったし、フィールディングも安定感があったから、ちょっと気の毒な結果には思えた。野手のエラーもそうだけど、ヒットも、イレギュラーバウンドとかポテンとか、彼的には打ち取ってたんじゃないかな、というのが、結構多かったので。

投手戦で、野手にはそんなに印象に残る選手は居なかったけれど、創価大のファーストはよく身体が伸びる選手で、いまいち安定感を欠く内野ゴロからの一塁への送球を、よく拾っていたと思う。もっとも、5回と7回の失点の時は、そんな彼でも拾いきれなかったわけだが。
20180423board
20180423kyujo
20180423score

|

« セリーグ ヤクルト対DeNA(4/22) | トップページ | J1リーグ第10節名古屋対清水 »

「野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66643962

この記事へのトラックバック一覧です: 東京新大学野球 東京国際大対創価大(4/23):

« セリーグ ヤクルト対DeNA(4/22) | トップページ | J1リーグ第10節名古屋対清水 »