« YBCルヴァン杯第3節 名古屋対G大阪 | トップページ | J1リーグ第6節浦和対仙台 »

セリーグ ヤクルト対広島(4/5)

2018.4.5 (木) 18時 神宮球場
C 000030101 5
S 000002002 4
[敗]館山、[勝]岡田、[S]中崎
[H]S:畠山(中崎)、C:丸(館山)、菊池(風張)

今年のセリーグ初観戦。2回表途中から見ていた。

先発投手はヤクルト館山、広島岡田。
館山はヒットを毎回のように打たれ、崩れそうだけど崩れない。熟練の投球術を見せていたと思うが、5回に岡田にヒットを打たれた後、やや不運な内野安打、ゲッツーの取り損ないと続いて、丸にスリーランを食らい失点。それでも6回3失点だから、(ヒットを打たれ過ぎのきらいはあるにしても)十分なピッチングだったとは言えると思う。
打線は岡田の前に4回までノーヒット。5回にようやく奥村が初ヒットという状態。しかし6回に館山の代打・大村(公式戦初出場だったはず)が、ファールで粘って四球で出塁し、これをきっかけにバレンティンと青木のタイムリーで2点を返した。
けれども、7回表に登板した中尾が、安定感を欠くピッチング。それでも広島の拙攻のおかげで、無失点で2死1-2塁にこぎつけたが(ちなみに1塁走者は、今季から始まった申告敬遠。初めて見た)、そこで代わった近藤が2連続四球で押し出し、2点差。9回には風張が登板し、菊池にライトへ放り込まれ3点差。
正直、中尾も菊池も期待度はかなり低いピッチャーなので、やっぱり、としか思わなかったが。近藤も、好きなピッチャーだけど、調子の波が大きいのは否めない。
3点差で9回裏、ランナー1人を置いて、代打で出てきた畠山が、中崎からレフトへツーランを放って1点差に追いすがったが、そこまで。

これくらいの失点は仕方ない投手起用だったと思うので、打線があれだけ抑えられた以上は、敗戦は仕方ない。
育成選手から支配下登録されたばかりの大村くんが、粘りの打席とファーストに入っての堅実な守りを見せてくれたことと、ハタケのホームランが見れたことで、十分満足は出来た。あと、今年も館山のピッチングを見れたことも。
それにしても、今年もカープはよく打つね。
20180405board
20180405kyujo
20180405score
20180405end
大村
20180405ohmura1_2
ホームランを打ってホームベースを踏むハタケ
20180405hatake

|

« YBCルヴァン杯第3節 名古屋対G大阪 | トップページ | J1リーグ第6節浦和対仙台 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66584006

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対広島(4/5):

« YBCルヴァン杯第3節 名古屋対G大阪 | トップページ | J1リーグ第6節浦和対仙台 »