« J1リーグ第6節札幌対名古屋 | トップページ | 感想「ドロシアの虎」 »

セリーグ ヤクルト対巨人(4/8)

2018.4.8 (日) 13時 神宮球場
G 001300000 4
S 10300120X 7
[勝]中尾、[S]カラシティー、[敗]野上
[H]S:バレンティン(野上)、G:大城(山中)

巨人の投手陣を打ち崩して連勝したのを受けての、3連戦3戦目。

先発投手はヤクルト山中、巨人野上。
野上が制球悪く、ヤクルトが初回に山田の四球→盗塁→犠打→内野ゴロと、ノーヒットで先制。
山中は順調に見えたが、3回表に大城に一発食らって同点。
3回裏に西浦のタイムリーとバレンティンのツーランで3点引き離すが、4回表に山中がポコポコ打ち込まれて、また同点。
しかし5回から登板した中尾が、そこから3イニングを0点に抑えた。中尾のこんなに安定したピッチングって、見たことがない気がする。3日前にも、目の前でヘタレたピッチングを見たし。こういう日もあるんだ、という感じだった。
その間にヤクルトは、6回に廣岡が、野上をリリーフした澤村から犠飛を打って勝ち越し、さらに7回にも、バレンティンと田代のタイムリーで2点追加。
8回9回の巨人の攻撃は、石山、カラシティがきっちり抑えて逃げ切った。

巨人を3タテしたけど、ヤクルトが強いというより、巨人がダメ過ぎという感じだった。ヤクルトも先発投手陣は、この3連戦、初戦のブキャナンは良かったが、その後の石川、山中が早々に降板に追い込まれているし。この日の中尾は良かったけど、どこまで安定してるのかなってのは、まだ半信半疑。
でも、打線の好調は本物ぽい。当面は打ち勝つ野球で結果を残して、故障で出遅れてる先発投手陣の復帰を待つ、というところか。
20180408kyujo
20180408board
20180408score
20180408end

|

« J1リーグ第6節札幌対名古屋 | トップページ | 感想「ドロシアの虎」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66593425

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対巨人(4/8):

« J1リーグ第6節札幌対名古屋 | トップページ | 感想「ドロシアの虎」 »