« 感想「折りたたみ北京」 | トップページ | 東京新大学野球 東京国際大対創価大(4/23) »

セリーグ ヤクルト対DeNA(4/22)

2018.4.22 (日) 18時 神宮球場
B 000000011 2
S 00000204X 6
[勝]由規、[S]石山、[敗]ウィーランド
[H]S:バレンティン(ウィーランド)、山田(須田)、B:ロペス(石山)

久々の現地観戦。

先発投手はヤクルトが由規、DeNAがウィーランド。由規じゃ、良くて5回3失点くらいかなと思ってたが、予想外の好投。6回まで1安打1四球。由規のこんな好投を見たのはいつ以来だろう、という感じ。
ただ、打線もウィーランドを崩せない。初回にいきなり連打で無死1-3塁にしながら得点し損ねると、その後は5回まで1安打。しかし6回に四球のランナーを置いて、バレンティンがレフトスタンドへ豪快に放りこんで、2点先制。
由規は、直後の7回に四球でランナーを出した後、宮崎にセンターフェンス際までの中飛を打たれたところで交代し、この回は近藤が締めた。続く8回は、2試合連続で9回の締めを失敗したカラシティーが登板し、連打の後の内野ゴロで1失点。さらに四球を出したところで、たまらず石山がリリーフして終わらせた。
その裏、DeNAは砂田を投入してきたが、2死後に坂口が粘って四球で出塁。ここで投手は須田に代わったが、山田がツーランを放りこんで3点差。さらに西浦の2点タイムリーツーベースも出て、試合を決めた。
回跨ぎで9回も登板した石山は、ロペスにホームランを打たれて1点失ったが、点差が広かっていたおかげもあり、つつがなく終了。

由規の出来に尽きる試合だったと思う。前日、バカみたいな負け方をした(9回に1点差を追い付かれ、10回に勝ち越された)分を取り返したかな、という感じ。
しかし、クローザーは難しくなってきたな。3試合連続で、こういうピッチングをされると、カラシティーを信頼するのは難しくなってくるが、石山も完璧とは言い難かった。どうするのかな。
20180422board
20180422kyujo
20180422end
20180422score
20180422hero
20180422starman

|

« 感想「折りたたみ北京」 | トップページ | 東京新大学野球 東京国際大対創価大(4/23) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66640482

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対DeNA(4/22):

« 感想「折りたたみ北京」 | トップページ | 東京新大学野球 東京国際大対創価大(4/23) »