« J1リーグ第7節名古屋対仙台 | トップページ | YBCルヴァン杯第4節 名古屋対広島 »

J1リーグ第8節鹿島対名古屋

2018.4.14(土) 14時 カシマスタジアム
観客 17921人 主審 飯田淳平 副審 三原純、西村幹也

 鹿島アントラーズ 2(1−0)0 名古屋グランパス
           (1-0)

 得点 10分 鹿島・金崎
    88分 鹿島・金崎

湘南戦以来の現地観戦。あの時、この時点でここまで状況が悪化するとは思ってなかったな。
カシマスタジアムでの試合は、2016年は水曜夜だったので来なかったから、来たのは2015年以来。ビジターのスタンドが逆サイドに変わってたが、風景も寒さも強風もほとんど変わってなかった印象。

名古屋の先発はバックラインが右から宮原・菅原・櫛引・秋山、中盤がワシントン・小林・アーリア、前はジョーがトップで青木と和泉がシャドー。今の面子では、これがベストと考えるべきなんだろう。

開始10分、右サイドから鈴木が進入、GKとDFが寄せた所で、逆サイドから入って来た金崎にパスを出され、あっさり先制点を献上。
ただ、それ以降は、名古屋の方がボールを持ってる時間は長かったと思う。前半の間、鹿島に決定的な場面を作られたのも、鈴木が打った決定的なシュートを、ランゲラックがファインセーブした1本くらいしか覚えがない。それでも、いい試合をしてたという印象は薄い。名古屋に得点出来そうな雰囲気が、まるでなかったから。以前を考えると、ジョーはコンディションは確実に上がっているようだし、攻撃を仕切るリーダーシップも感じられた。問題は誰がシュートを打つのかというのが、まるで見えなかったこと。ジョーはゴール前では当然厳しくマークされている上、下がり目でボールを捌くプレーもこなしていたから、彼以外の誰かがもっと積極的にゴールへ向かわないとどうにもならないはずなんだが、青木も和泉も物足りない。アーリアだって打っていいと思うんだが、パスを出す先までは、なかなか入っていこうとしない。チャレンジが足りないと思う。シャビエルが居れば、そこは彼がやってくれていたわけで、やっぱり依存症なんだろう。

後半になると、それでもゴールへむかう積極性が上がってきたように思えたし、前半よりも惜しい場面は増えた。ただ、結局ここも、ゴール前へボールを放り込むだけ。もちろん、数打ちゃ当たるで、1本でもジョーにヒットすればOKなんだけど、鹿島のDFはそこまで甘くない。それでも、こぼれるボールはたまにはあるんだが、詰められないんだよな。ディフェンスの場面でも思うんだけど、今の名古屋は、こぼれ球への反応が遅すぎないか? いろいろ考えすぎて、身体がとっさに反応しないのかな。
で、往々にしてありがちな話で85分も回った所で、名古屋陣内深い位置で、小林が金崎のタックルを食らって、ボールを失い、それが金崎に渡って追加点。0対2で終了。

札幌戦、仙台戦に比べれば、まだいい内容の試合ではあったかもしれない。少なくとも見た目優勢な時間帯が、あれだけ長い試合は久々だったと思う。ただ、とにかく点を取れそうな気がしない。今日に関しては、ジョーはよくやってたと思うんで、何とかして欲しいのは他の選手たち。特に青木は、一時、調子を上げてた気がしたんだけど、どうしちゃったんだろう。
ジョーと組ませる、前でがしがし突っ掛けられるFWが必要なんじゃ、と思うんだが、いないねえ。そもそも、そういう戦術をヤヒロは採らないかもしれないが。
やっぱり、先行きに明るさが見えてない、と思う。
20180414gaikan
20180414stadium
20180414oard
20180414score

|

« J1リーグ第7節名古屋対仙台 | トップページ | YBCルヴァン杯第4節 名古屋対広島 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66613949

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第8節鹿島対名古屋:

« J1リーグ第7節名古屋対仙台 | トップページ | YBCルヴァン杯第4節 名古屋対広島 »