« J1リーグ第15節名古屋対柏 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(5/25) »

イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/25)

2018.5.25 (金) 13時 ヤクルト戸田球場
L 000001000 1
S 21143000X 11
[勝]寺島、[敗]菊池
[H]S:村上(菊池)

センターからバックネット方向に強風が吹いていて、これは貧打戦かなと思った。確かにフライは距離が伸びていなかった気がする。

先発投手はヤクルト山中、西武が菊池雄星。菊池の登板は、えっと思ったけど、故障で下に落ちていたらしい。記者がうようよ居たし、試合見ないでブルペンの裏あたりをうろうろしてる西武ファンもやたらと居たから、なにごとかと思った。

山中は立ち上がり制球が定まらず、2回までに3四球。球数も多く、どうなることかと思ったが、3-4回は持ち直して、らしいピッチングが出来ていた。しかし4回までで交代。
西武の菊池は、本人の出来はともかく、バックに足を引っ張られていた。初回、ファーストのエラーでランナーが出て、村上が強い逆風を突いてレフトへ先制ツーラン(これは見事な当たりだった)。2回には、ヒット・遊ゴロ失・犠打で1死2-3塁として、次打者が三振の時に三走三輪が飛び出してしまい、捕手が3塁送球して挟まれた、と思ったんだが、西武の内野連携が乱れて、三輪はそのまま生還して3-0。菊池はこの回で交代。
以降の西武はボロボロ。投手は打たれるし(3-4回が斉藤大、5回が川越)、守備はザル。5回までに11対0に引き離した。
一方、ヤクルトも、山中の後を受け、5回から登板した2番手・寺島の出来は今一つに見えた。昨年ドラ1の期待のルーキーだったが、故障で出遅れた関係で、個人的には昨年は一度も試合での登板を見られなかった(イースタンでの登板自体、昨年は1試合)。ようやく見れたなと思ったけれど、今日の内容は、球速も制球もそこそこ以上のものではなく、6回には2四球1安打で満塁にして、犠飛で1点を失った。7回まで3イニング投げて1失点だから、ひどく悪いわけでもないが、期待値が高いはずのピッチャーだから、こんなもの?という感じ。

試合はその後、スコアが動かなくなり、11対1のまま終了。降板後の菊池の囲み取材が終わったら、西武の選手がなんとなく落ち着いたような気がしたよ(^^;)
ヤクルトは、8回に久古が投げた後、9回は今年のルーキー大下が登板。彼もようやく見れた。まあ、こちらも投球内容的には、やや微妙だったけれど。
20180525board1
20180525kyujo1
20180525end
20180525score1
囲まれてた菊池雄星
20180525yusei

|

« J1リーグ第15節名古屋対柏 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(5/25) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66760274

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/25):

« J1リーグ第15節名古屋対柏 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(5/25) »