« セリーグ ヤクルト対DeNA(5/25) | トップページ | 「ランペイジ 巨獣大乱闘」 »

イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/26)

2018.5.26 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
L 020000200  4
S 010110101X 5
[勝]大下、[敗]大石
[H]L:山田(屋宜)、中村(屋宜)

2日連続の観戦。

先発投手はヤクルトが原樹里、西武は高木勇。
原樹里は、初回は3人で終えたが、2回につまづいた。先頭打者の飛球がセカンドベース後方に上がり、セカンドの奥村が捕りそうだったが、俺が捕る!という勢いでセンターの上田が走りこんできて、結局捕れない。無死2塁になって、原は動揺したか、次打者にストレートの四球を与え、呉にタイムリーを浴びて1点を失う。2死を取った後、鈴木にもタイムリーを打たれてもう1失点。ただ、ここで上田がいいバックホームを見せて、呉はホームでタッチアウト、失点を2点で止めた。上田がちょっとだけ返した感じ。
原は、その後も毎回得点圏にランナーを背負う苦しいピッチングながら、なんとか追加点を許さず5回まで投げ切った。
打線は、2回に鵜久森のヒットをとっかかりに、内野ゴロでまず1点。4回にはヒットで出た川端が、廣岡のファウルフライをライトが苦しい態勢で捕球したのを見て、タッチアップで2塁を狙う走塁を見せた。これがライトのセカンドへの悪送球を誘って、川端は3塁まで進み、古賀の犠飛で還って同点。5回には上田がヒットで出ると、ピッチャーの牽制悪送球で3塁へ進み、藤井のタイムリーで還って逆転。
ヤクルトは6回は館山が登板し、四球と奥村のエラーで無死1-3塁のピンチを迎えたが、西武の拙攻で無失点で切り抜けた。続く7回、屋宜が山田・中村の連続ホームランを食らい、3-4と勝ち越されたが、その裏、田代がヒットで出て、代走の山崎が二盗すると、キャッチャーの2塁への悪送球を誘い、3塁へ進む。藤井のタイムリーで還って、また同点。
4-4で迎えた9回裏、西武の投手は大石。先頭の奥村が左中間へツーベース。比屋根が犠打で送り、山崎が右中間へタイムリーを放って、サヨナラ勝ち。

昨日も思ったことだが、とにかく西武は守備がボロ過ぎるし、攻撃もミスばかり。単純にヤクルトが自力で勝ったとは言いにくい。もっとも、2点目や4点目は積極的な走塁が生んだ西武のミスとも言えるので、やることはやっていたとは言ってもいい気がする。
原樹里は、この内容では上では厳しいんじゃないかな、と思う。イースタンのレベルでは、もうちょっと、きっちり抑えるピッチングでないと。
川端は、4回の走塁だけでなく、今日は4の4で大当たりだった。川端あたりが復調しないと、上の厳しい状態の改善は難しいと思うし、このまま調子を上げて欲しい所。
20180526board
20180526kyujo
20180526score
サヨナラのホームを踏む奥村。
20180526end
1イニングで交代した後、隣の陸上競技場でキャッチボールしてた館山。館山は、たった1イニングとはいえ、投球術の健在ぶりは見せてくれたと思う。球速もそこそこ出ていたから、これだけだと、上でもなんとかなる?と思ってしまいそうなんだけど、そう簡単ではないだろうねえ。
20180526tateyama

|

« セリーグ ヤクルト対DeNA(5/25) | トップページ | 「ランペイジ 巨獣大乱闘」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66762757

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/26):

« セリーグ ヤクルト対DeNA(5/25) | トップページ | 「ランペイジ 巨獣大乱闘」 »