« J1リーグ第12節名古屋対C大阪 | トップページ | 東都大学野球 東洋大対駒澤大(5/4) »

セリーグ ヤクルト対中日(5/3)

2018.5.3 (木祝) 14時 神宮球場
D 0000033000 6
S 2100003001X 7
[勝]石山、[敗]田島
[H]S:バレンティン2(吉見、鈴木博)、山田(岩瀬)

現地観戦。デーゲームで14時プレイボール。ヤクルト2連敗を受けての第3戦。

先発はヤクルト由規、中日が吉見。
ヤクルトが初回に四球とヒットで無死1-2塁にして、青木の併殺打の間に1点先行。さらにバレンティンのホームランでこの回2点。2回にも坂口のツーベースの後、内野ゴロ2つで3点目。地味な得点の仕方ながら、3点を先行した。
由規は前回登板が素晴らしい出来だったので、以前よりも期待感があった。今日もヒットは打たれるものの無難にまとめ、5回には中村のエラーに足を引っ張られながらも、無失点で切り抜け、勝ち投手の権利を得た。しかし、6回におかしくなった。四球とヒットで1死1-2塁にされた後、福田に2点タイムリーを打たれ1点差。中尾がリリーフに出たが、ここから中日が代打攻勢。2死1-2塁になって、代打堂上にタイムリーを打たれて同点。
7回表は近藤が登板。四球2つとヒットで1死満塁として、代打亀澤に死球をぶつけ、押出しで逆転される。さらに平田のタイムリー、代打藤井の犠飛で1点づつを失い、3-6。
ところが7回裏、中日3番手岩瀬から、山田がホームランを打って2点差。さらに青木のヒットで2死1塁となり、次打者バレンティンという所で、中日は鈴木博をリリーフに送った。岩瀬の調子が悪いという判断はともかく、一昨日の試合でバレンティンにホームランを打たれた鈴木を、ここで送り込んでくる中日の継投は、ナゼ?という感じだったし、案の定、バレンティンがレフトスタンドに放り込んで、試合は振り出し。
8-9回はどちらも得点できず、延長へ突入。ちなみに、9回表の中日は、1死1塁の場面で投手に打順が回ったが、代打攻勢のやりすぎで野手が足りなくなったようで、昨日の先発投手だった笠原を代打に出してきた(^^;。笠原は見たかった選手だったし、昨日の試合を見に行きたかったんだが、都合がつかなくて行けなかったから、そういう意味で、個人的には有難かったんだが…。笠原はバントしたが、サード川端の判断が良く、失敗に終わり、中日は得点機を作れなかった。
10回は、まず中日が1死1-2塁のチャンスを作ったが、ゲッツーで逸機。その裏のヤクルトも、同じように1死1-2塁のチャンスを作り、ここで代打荒木がレフト前にヒットを打ち、これでサヨナラ。

試合時間4時間40分。通常の18時プレイボールなら、試合終了は10時40分相当。拮抗した試合展開だったので長引いた、といえば聞こえはいいけれど、正直、双方とも、投手の出来が悪くて、だらだら試合が延びただけ、という感じは否めないし、選手の起用もいろいろと疑念が残った。投手を代打に出さなきゃいけないような選手の使い方ってどうよ、とかね。
まあ、セリーグで最下位争いを繰り広げてるチーム同士の対戦だし、それに似つかわしい凡戦だった、という気はする。
ヤクルトは、バレンティンと山田の好調は本物ぽいし、他にも雄平や坂口が安定して打っているから、打線はそんなに悪くないはずだけど、投手陣がどうにもならん。中尾や風張が中継ぎの主軸という時点で、そりゃダメだろう、と思ってしまう。近藤は相変わらずいい時と悪い時の差がありすぎるし、秋吉は全然ダメぽいし。それでも、試合を見ていると、まだ中日よりは投手陣の状態はいいのかな?、と思うんだが、この3連戦は負け越しちゃったしな。
20180503board
20180503kyujo
20180503encho
20180503end
20180503score
フィラデルフィア・フィリーズのマスコットが来場。マニエルの縁だったらしい。正直、それほど盛り上がってた感はなかったと思うが…。
20180503phily

|

« J1リーグ第12節名古屋対C大阪 | トップページ | 東都大学野球 東洋大対駒澤大(5/4) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66680789

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対中日(5/3):

« J1リーグ第12節名古屋対C大阪 | トップページ | 東都大学野球 東洋大対駒澤大(5/4) »