« セリーグ ヤクルト対中日(5/3) | トップページ | J1リーグ第13節名古屋対横浜 »

東都大学野球 東洋大対駒澤大(5/4)

2018.5.4 (金祝) 11時 神宮球場
駒澤 0000000030 3
東洋 0020100001X 4
[勝]甲斐野、[敗]白銀

1勝1敗での3回戦。基本平日開催で、日頃あんまり見れない東都だし、いい機会と思って、11時のプレイボールから見に行った。

東洋大先発の上茶谷が凄いピッチングで、8回で20奪三振。これは東都大学野球での、奪三振新記録とのこと。出したランナーは2安打、2四死球、1振逃げだから、三振の数は別にしても、相当な好投だった。
東洋大打線は、駒澤大先発の辻本が、(元々多少ばらけ気味だったが)3回に制球難に陥ったのに付け込んで、2四球2安打で2点を先制。5回には2死1-3塁として、ピッチャーが白銀(しろがね)に代わった所でタイムリーで1点追加。そのまま8回を終え、楽勝ペースに見えた。でも、9回表の上茶谷が、勝負を急ぎ過ぎちゃったかな。3連打で1点を失い、無死1-3塁で甲斐野のリリーフをあおぐ。甲斐野は暴投で1点を失い、さらに遊ゴロゲッツー崩れでもう1点、同点。9回裏の東洋大は得点出来ず、延長へ。

10回表は甲斐野が駒澤大打線を3人で片付け、その裏、東洋大先頭打者の内野フライをショートが落球。犠打で2塁へ進んだこのランナーを、岡崎がタイムリーで還して、東洋大がサヨナラ勝ち。

上茶谷は結構衝撃的だった。ねじ伏せるという雰囲気は、一昨年、首都大学野球で見た佐々木千隼の方が上だった気がするけど、序盤はアウトが全部三振だったわけで、こんなマンガみたいなことが、ほんとにあるんだなという感じだった。上茶谷は、ねじ伏せるというよりは、140km台後半が出る速球と切れのある変化球で、翻弄するというイメージだったかな。
大学野球はチームも選手もほとんど情報なしで見に行ってるので、こういう嬉しい驚きみたいなのを得やすいと思う。その分、ハズレも引きやすいはずだけど、それは織り込み済みだから、そういう試合を見ても、プロ野球みたいには腹は立たないな。
20180504board
20180504kyujo
20180504encho
20180504score

|

« セリーグ ヤクルト対中日(5/3) | トップページ | J1リーグ第13節名古屋対横浜 »

「野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66684098

この記事へのトラックバック一覧です: 東都大学野球 東洋大対駒澤大(5/4):

« セリーグ ヤクルト対中日(5/3) | トップページ | J1リーグ第13節名古屋対横浜 »