« J1リーグ第13節名古屋対横浜 | トップページ | 感想「ピラミッド」 »

イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(5/6)

2018.5.6 (日) 13時 ヤクルト戸田球場
M 310010020 7
S 000000030 3
[勝]二木、[S]酒居、[敗]山中

今年はあまりイースタンへ行けていないので、3月末以来の観戦だった。

風がかなり強かったのと、多分、風向きも影響して、土手の方向へやたらとファールが飛んだ。あんなに飛ぶのを見るのは珍しい。試合中2回、土手を越えていくファールがあったが、これ自体珍しくて、1試合に2回も見たのは初めてじゃないかな。

先発投手はヤクルトが山中、ロッテは二木。
山中の立上りがまるで安定しなかった。球質を考えると、もしかしたら、風の影響もあったのかな? 初回、2死球とツーベース2本で、いきなり3失点。2回も四球の後、スリーベースで1失点。3-4回は落ち着いていたが、5回も四球と2安打で満塁として、犠飛でもう1点。4回2/3で降板。村中が後を片付けた。
打線は5回まで2安打。5回裏にツーベースと死球・四球で2死満塁としたが、攻めきれず無得点。
6回以降、ヤクルトは継投。6回の田川はまあまあ、7回の屋宜は三者凡退と割と良かったが、8回の山本哲が1死後3連打で2点を失い、0-7となった。
ロッテの投手は6回から酒居で、6-7回は完全に抑えられたが、8回に1死後、三輪が足で稼いだ内野安打で出塁すると、藤井の二ゴロを野手がエラー、谷内が四球で満塁。ここで村上が右中間へ走者一掃のツーベースを打って、3点を返した。こういう場面できっちり打てるというのは、ポイントが高い>村上。
しかし、点差がありすぎて、後は追い切れなかった。3-7で試合終了。

ヤクルトの見どころは8回の村上のツーベースくらいだったな、という気がする。
崩壊気味の上の投手陣に対して、下はどうなんだろうと思っていたが、山中・山哲あたりは、今日の出来を見ると、あまり期待できないかな、という気がした。先週の登板では、二人とも悪くない内容だったようなんだが、下で安定したピッチングをしてないようだと、上行っても、あまり期待出来ないなというのが、過去の経験則なので。
上は打線の方は、そんなに気にしなくてもいい状況と思うから、その辺はまあいいか、という感じだけどね。
20180506kyujo
20180506board
20180506end
20180506score
畠山が代打で出たが、三振だった。
20180506hatake

|

« J1リーグ第13節名古屋対横浜 | トップページ | 感想「ピラミッド」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66691784

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(5/6):

« J1リーグ第13節名古屋対横浜 | トップページ | 感想「ピラミッド」 »