« YBCルヴァン杯第5節 浦和対名古屋 | トップページ | J1リーグ第14節長崎対名古屋 »

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(5/12)

2018.5.12 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
B 000000101 2
S 00000030X 3
[勝]高橋、[S]カラシティー、[敗]今永

薄曇りで風もそんなに強くなく、観戦にはちょうどいい感じの天候だった。

先発投手はヤクルトが高橋、DeNAはウィーランド。ウィーランドがイースタンに出て来たのはちょっとびっくり。DeNAって、中継ぎ投手は苦しそうだけど、先発投手は余っているのかな。
高橋を見るのは今年初めてで、昨年はちょっと期待外れの感があったから、どうかなと思ったが、立上りに少し制球が乱れたものの、その後は速球も変化球も安定していて、5回まで危なげなく投げ切った。ウィーランドも、最後に少しもたついたくらいで、すんなり5回まで無失点で投げ終えたので、5回終了まで1時間10分程度という、非常に速い試合だった。
しかし6回からは、少しもつれはじめた。DeNAは6回から今永が登板。ウィーランド以上にびっくりしたが、不調ぶりを感じさせる投球内容で、ある意味納得した。そして7回表には、高橋が急に制球を乱し、四球・暴投の後、細川にツーベースを食らって先制された。しかしその裏、今度は今永が3四球で1死満塁。ここで代打・畠山が、代わった加賀からセンターオーバーのツーベースを放って、走者一掃。ヤクルトが逆転した。
8回はスコアは動かず、9回表、ヤクルトは8回登板した梅野に代わって、カラシティー。しかし、先頭打者の内野ゴロをショート宮本がエラー。続く大河にはヒットを打たれ、代打・山下のバントは、内野の守備連携が乱れて内野安打になってしまい、無死満塁。ちょっとカラシティーには気の毒な展開。しかし、ここでカラシティーは踏ん張った。1死後、荒波に犠飛を上げられ、1点は失ったものの、続く代打・佐野は内野ゴロに打ち取り、逃げ切った。
20180512kyujo
20180512board
20180512end
20180512score
畠山。この後、逆転のタイムリーツーベースを打った。
20180512hatake

|

« YBCルヴァン杯第5節 浦和対名古屋 | トップページ | J1リーグ第14節長崎対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66713171

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(5/12):

« YBCルヴァン杯第5節 浦和対名古屋 | トップページ | J1リーグ第14節長崎対名古屋 »