« イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(5/6) | トップページ | YBCルヴァン杯第5節 浦和対名古屋 »

感想「ピラミッド」

「ピラミッド」 ヘニング・マンケル 創元推理文庫
クルト・ヴァランダーものの短篇集で、長篇第1作「殺人者の顔」よりも前の時代を描いた中短篇5作を収録。ただし、書き始められた時期は、長篇第5作「目くらましの道」の後だったらしい。原著が出版されたのは1999年で、長篇第8作「ファイアーウォール」の後。本当は、これでシリーズが終了する予定だったとのことだが、実際はその後も続刊が刊行された。
なお、本書収録作品中で一番長い「ピラミッド」などは、短めの長篇と言っていいくらいの分量がある。

書かれた時期を考えれば当たり前だけれど、初期作よりも後期の作品に雰囲気が似ている。初期作のヴァランダーは、もうちょっとマヌケでずっこけたキャラで、そこに面白味を感じて読み始めたんだが、本書ではそれ以前の時期が描かれているのに、後期作のように、色々欠点はあるけれど、職務に関しては有能で真面目な(もしくはそういう風になろうとしている)警官に見える。

背景になっている時代が古いからなのか、スウェーデン社会そのものの病理は、後期の長篇ほど、深刻には描かれていない感じがする。予兆は見え隠れしているけれど。
内容も、事件の背景よりも、事件そのものを描くことに力点があるものが多いように感じたが、この点についても、それほどひねったプロットがあるわけではなく、捜査手順をこなしていくうちに自然と真相が見えてくる、という感じ。
おそらく、本書収録作で著者が一番力を入れて描いているのは、ヴァランダーの人生のうつりかわりなので、事件や社会情勢は、それを描くための重要な要素ではあるものの、あくまでも背景なんだろうと思う。その分だけ、読みやすくなっているようには思えるが、純粋なミステリとしての面白さは今一つかもしれない。
それでもシリーズの読者にとっては、欠かせない本だと思う。ヴァランダーだけでなく、レギュラー的なその他の登場人物も軒並み登場してくるし、彼らの昔の姿は、シリーズの愛好者には興味深いはず。なかなかピンと来にくい、ヴァランダーと父親や元妻とのややこしい関係も、本書を読むと、分かりやすくなってくるような気がする。
(2018.4.28)

|

« イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(5/6) | トップページ | YBCルヴァン杯第5節 浦和対名古屋 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66695479

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「ピラミッド」:

« イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(5/6) | トップページ | YBCルヴァン杯第5節 浦和対名古屋 »