« B3リーグ 東京EX対鹿児島 | トップページ | J1リーグ第15節名古屋対柏 »

YBCルヴァン杯第6節 G大阪対名古屋

2018.5.16(水) 19時 パナソニックスタジアム吹田
観客 9907人 主審 西村雄一 副審 武部陽介、間島宗一

 ガンバ大阪 1(1−3)4 名古屋グランパス
        (0-1)

 得点 15分 名古屋・畑尾
    20分 大阪・長沢
    24分 名古屋・内田
    41分 名古屋・児玉
    48分 名古屋・内田

フジテレビNEXTの生中継で見ていた。

名古屋はルヴァン杯は1次リーグ敗退が決まっていて、モチベーションが低くてもしょうがない状況。先発メンバーは、GKが、ルヴァン杯はずっと武田だったのを、今季公式戦初先発の渋谷を入れ、バックスは右から成瀬・菅原・畑尾・秋山、ボランチが八反田と内田、左サイド児玉、右サイド青木、トップが押谷と深堀。正直、渋谷と、ボランチ起用時の八反田と内田ってのは、個人的にはあまり期待値は高くなくて、またしょっぱい試合かなあと思っていた。
一方で、ガンバは勝たないと1次リーグで敗退しちゃうかも、という状況で、先発はリーグ戦並みのメンバーを揃えていた(らしい)から、なおさら、厳しいなあ、と思った。

けれども、開始早々から主導権を握ったのは名古屋。開始2分に深堀が、後ろからのボールを受けてGKと一対一。これはGKに阻まれたものの、名古屋優勢のペースを作り出した。
15分には右CKを得て、押谷が蹴ったボールを畑尾が決めて、名古屋が先制。さらに直後に、八反田がガンバボールをインターセプトして、深堀が決定的なシュートチャンスを迎えたが、決め損なう。ちょっと、こういう逸機は後に響く…、と思ったら、20分に左サイドを抜かれて、クロスから長沢に決められ同点。また、結局失速というパターンかなと思った。
しかし23分に押谷と深堀で作り出したチャンスで、ガンバのDFの後ろへのクリアボールがGKへのバックパスと判定され、ペナルティ内で間接FKを得る。これをワンタッチ後に内田が強く蹴りこんだボールがそのままゴールに入り、再度勝ち越し。このバックパス判定は正直ラッキーだったな、とは思う。日頃見てる試合の印象だと、取られなくても驚かないレベルだったと思うんで(中継見ながら、バックパスじゃね?、と呟いてはいたんだが、本当に取ってくれたんで、ちょっとビックリした(^^;)。これで名古屋が、試合の主導権を手放さずに済んだ。
それでも、やっぱり名古屋のディフェンスにもろさがあって、30分過ぎにはカウンターから倉田に厳しいシュートを打たれたが、渋谷がファインセーブ、35分にもガンバのシュートがクロスバーに当たって跳ね返る。そうやって、いくらかツキにも恵まれて耐えているうちに、40分過ぎにカウンターからチャンス。左サイドの児玉が、中央を攻め上がった深堀のパスを受けて、絶妙のタイミングとコースでゴールに流し込んで3-1。これは本当に素晴らしいゴールだった。
直後に長沢に決められかかるが、これもぎりぎりで外れ、いろんな意味で救われた結果とはいうものの、とにかく2点リードで折り返し。

後半立上り、押谷がFKをゴール前に入れたボールを畑尾が落として内田がシュート。ポストに当たって跳ね返ったが、内田が押し込んで4点目。2点差ではまだ不安があったが、さすがに3点差は、そう簡単にはやられないだろう、という気がし始めた。10分過ぎに菅原・八反田が立て続けに警告を貰ったのはヒヤヒヤしたし、その後、決定的なシュートの場面が何度かあっても、なかなか決まらないのも嫌な感じだったけれども、渋谷が好セーブを連発したし、他の選手も集中を切らさず、しっかり動き続けた。後半半ばに押谷に代わって入ったアーリアも、よく役割を果たしたと思う。
結果として、4-1で勝ち切った。

今まで、なんでこういう試合が出来なかったんだろうと思うような、いい試合だった。選手が良く動いたし、しかも連動して動けていたし、結果として二重三重の厚い攻めになり、セカンドボールもよく拾えて、ディフェンスの負担を軽減出来た。若い選手が結果をあまり気にせず、開き直ったプレーが出来たのが主な原因なんだろう。ガンバはモチベーションの高さが、逆にプレッシャーになったのかも。もっとも、リーグ戦の開幕戦のガンバ戦も、名古屋はいい試合が出来ていたわけだから(遠い昔のことのように思える)、リーグの順位が低迷しているガンバの側にも、少なからず問題があるんだろうけど。
まあ、名古屋もでかいピンチを何度か迎えていたわけで、それをツキにも恵まれて切り抜けたわけだから、いい試合をしたのは確かにしても、本当に申し分ない試合だったというわけでもない。ただ、この試合では選手の、チャレンジを重ねるアグレッシブな姿勢を見ることが出来たし、勝敗だけでない、面白い試合を見せてくれたと思う。そこは本当に、日曜の柏戦につなげて欲しい。ジョーとシャビエルが居ると、そういう試合が出来ないというんなら、外してもいい。今はそれくらいの開き直りでやらないと、リーグ戦に関しては、お先真っ暗な状態だと思うよ。

|

« B3リーグ 東京EX対鹿児島 | トップページ | J1リーグ第15節名古屋対柏 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66734537

この記事へのトラックバック一覧です: YBCルヴァン杯第6節 G大阪対名古屋:

« B3リーグ 東京EX対鹿児島 | トップページ | J1リーグ第15節名古屋対柏 »