« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(6/12) | トップページ | 全日本大学野球選手権大会準決勝 慶応大対東北福祉大 »

交流戦 西武対ヤクルト(6/12)

2018.6.12 (火) 18時 県営大宮公園野球場
S 002100000 3
L 000001000 1
[勝]石川、[S]石山、[敗]カスティーヨ

戸田から転戦した。多分、2010年以来の、県営大宮球場での交流戦の西武戦。
試合時間中は雨の天気予報だったが、16時過ぎにどしゃ降りが来て、雨雲が抜けたおかげで、降らなかった。助かった。もっとも、自分自身は、先行したどしゃ降りを、戸田の帰りに思い切り浴びたわけだけど。

先発投手はヤクルト石川、西武カスティーヨ。
石川は安定した立ち上がりだったが、カスティーヨは制球がいまいち不安定だった。3回に死球・四球・死球で満塁になって、バレンティンが2点タイムリーを打ち、ヤクルトが初ヒットで先制。
カスティーヨは5回には、中村の頭にボールをぶつけ、危険球で退場。中村も担架で運び出された。これで、試合が壊れるかなと思ったが、緊急リリーフの小石が割と落ち着いていて、追加点は山田のタイムリーでの1点止まり。
その後は投手戦。西武の継投が良くて、以降のヤクルトは、追加点を挙げられなかった。しかし石川もよく投げて、6回2安打1失点。後を受けた近藤、中尾、石山もきっちり0点で抑え、ヤクルトが3対1で勝った。

カスティーヨがヒド過ぎたと思う。交流戦に入って、相手投手の出来が悪くて相手の自滅で勝てた感じがする試合が結構あって、今年の交流戦はヤクルトが強いというより、パリーグのチームがショッパイだけなんじゃ、と思うけれど、セリーグの他のチームは必ずしも好調じゃないしな。よくわからないな。

中村が大事に至らなかったようなのは、良かった。
20180612kyujo2
20180612kyujo20
20180612board2
20180612score2
20180612end

|

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(6/12) | トップページ | 全日本大学野球選手権大会準決勝 慶応大対東北福祉大 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66826635

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 西武対ヤクルト(6/12):

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(6/12) | トップページ | 全日本大学野球選手権大会準決勝 慶応大対東北福祉大 »