« JFL1stステージ第14節武蔵野対宮崎 | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(6/28) »

セリーグ ヤクルト対中日(6/26)

2018.6.26 (火) 18時 神宮球場
D 000000001 1
S 00310302X 9
[勝]ブキャナン、[敗]小笠原
[H]S:青木(小笠原)、西浦(小笠原)、山田(木下雄)

交流戦明けの神宮球場初戦。

2回表から観戦。先発投手はヤクルトがブキャナン、中日が小笠原。
ブキャナンが、素晴らしく安定したピッチングを見せた。ここのところ、いまいちな内容のピッチングが多かった印象だったが、今日は期待通り。しかも、好投すると報われない傾向にあるが、今日は自ら突破口を開いた。3回裏に内野安打で出て、これを足がかりに青木が先制のスリーラン。4回裏には1死2塁で、レフト線へタイムリーツーベースを打ち追加点。
ピッチングでも3回から7回までノーヒットに抑え、6回に西浦のスリーラン(これもブキャナンの野選での出塁が絡んだ)、8回に山田のツーランの援護も貰い、9対0で9回表。
先頭の大島に、レフト線へ打たれ、レフトのまずい守備もあって、スリーベースになると、アルモンテのタイムリーで1点を失った。これで完封は逃したものの、被安打5で余裕の完投勝利をおさめた。

中日は小笠原の代え時を失敗した感じだったけど(6回まで小笠原が投げた)、今日のブキャナンの出来なら、ヤクルトが先制した時点で試合は決まってたな、という気はする。むしろ、だから敢えて代えなかったのかもね?)
20180626board
20180626kyujo
20180626end
20180626score

|

« JFL1stステージ第14節武蔵野対宮崎 | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(6/28) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66876718

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対中日(6/26):

« JFL1stステージ第14節武蔵野対宮崎 | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(6/28) »