« 感想「殺意」 | トップページ | 都市対抗野球南関東大会敗者復活戦2回戦 かずさマジック対JFE東日本 »

交流戦 ヤクルト対オリックス(6/3)

2018.6.3 (日) 13時 ヤクルト戸田球場
Bs 100001001 3
S  20002000X 4
[勝]蔵本、[S]大下、[敗]小林
[H]S:村上(小林)、武内(小林)

セパ交流戦ではなく、イースタン・ウエスタン交流戦。ヤクルト戸田球場で、こういう試合を見るのは初めて(開催自体が初めてかどうかは知らない)。以前、ソフトバンクの3軍が関東に遠征に来て、その一環でここで試合をしていったことはあったが。あの時は、この辺出身の上林が来ていて、彼が所属していた少年野球チームの一団が来場して、ソフトバンクを応援したから、どっちのホームかよくわからん状態になっていた。
今日もオリックスファンが大挙来場していたが、そこまで極端なことはなかった。いつもよりも、だいぶ観客が多い感じではあったけれど。

先発投手はヤクルトが田川、オリックスが小林。
1回表に、田川が岡崎・宮崎のツーベース連打で1点を失ったが、その裏、武内がツーベースで出て、村上がライトへでかいホームランを打ち込み、あっさり逆転。
次にスコアが動いたのは5回裏で、2死後、武内がライトにホームランを打ち込んだ。ふわっと上がった打球が、ぎりぎりで柵を越えたという感じの当たりだったので、初回の村上の一撃に比べると、ちょっと見劣り(^^;。さらにツーベースと四球で1-2塁になり、投手が大山に交代したものの、また四球で満塁。次打者大村の時に、キャッチャーがセカンドへ牽制球を投げると、3塁ランナーの川端がホームへ突っ込み、生還して4点目。
ヤクルトの投手は田川は3回までで、その後はほぼ1イニングづつの交代。4回は星で、彼はそろそろ復帰してくるということかな。5回は屋宜。ここまでは無失点だったが、6回の久古が2安打1四球で満塁にした後、小島のポテンヒットで1点を失い、蔵本に交代。蔵本は次打者を三ゴロゲッツーに打ち取ってこの回を終え、7回も三者凡退に抑えた。8回の中澤も無失点。しかし9回の大下は、先頭の小島にツーベースを打たれ、ライト山崎のまずい守備も絡んでいきなり無死3塁。次打者鈴木昂にタイムリーを打たれて1点差。その後、犠打で1死は取ったが、死球と内野安打で満塁にしてしまい、一打逆転のピンチ。しかし、次の宗は左飛。それでも犠牲フライで同点か?と思ったが、やや浅い飛球だったとはいえ、レフト三輪のホームへの返球は完璧で、タッチアップした三走を刺し、併殺で試合終了。4-3でヤクルトが逃げ切った。

まあ、特別ルールで、最初から延長戦はやらないと宣言されていたから、同点に追いつかれても、そんなに試合が長引くことはなかったんだけど、きっちり終わってくれて良かった(^^;。
村上は、格好いいホームランを打つなあ、という感じだった。先週見た、菊池から打ったやつも格好良かったんで。ただ、ずっとDHで出場させてるということは、チームは今年は、じっくり鍛えることに決めているということかなと思う。上は打線は好調だし、敢えて村上を連れていく必要はないだろう。廣岡も下に戻ってきているくらいだし。
20180603kyujo
20180603board
20180603score
20180603flag
20180603bus

|

« 感想「殺意」 | トップページ | 都市対抗野球南関東大会敗者復活戦2回戦 かずさマジック対JFE東日本 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66792009

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 ヤクルト対オリックス(6/3):

« 感想「殺意」 | トップページ | 都市対抗野球南関東大会敗者復活戦2回戦 かずさマジック対JFE東日本 »