« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(6/29) | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(7/1) »

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(6/30)

2018.6.30 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
E 100003001 5
S 00102220X 7
[勝]松岡、[S]星、[敗]濱矢
[H]E:山田(星)

2日連続で行ったヤクルト戸田球場のイースタンリーグ。
今日も陽射しが強くて暑く、南から暴風。梅雨前線を北へ追っ払った、太平洋高気圧の猛威を感じる。

先発投手はヤクルトが村中、楽天は近藤。
村中は初回、八百板と山下のヒットであっさり1点先制を許したが、以降は危なげない内容で5回までを投げた。
打線は3回、先頭の山崎がライト前ヒット。これをライトのフェルナンドが後逸して、3塁まで行き(1ヒット1エラー)、次打者の内野ゴロで還って同点。5回も先頭の山崎が出塁して、さらに二盗。武内がライト前ヒットで続き、山崎は一気にホームを突いた。ライトのフェルナンドの本塁への送球は逸れ、山崎が還り、武内も3塁へ(ここも1ヒット1エラーだけど、山崎の生還がエラー扱いかヒット扱いかは不明。逸れなかったらきわどかったとは思う。武内が2塁へ進んだのは、明らかにエラー)。そして、その後、1死2-3塁となった場面で、キャッチャーがランナーが飛び出した2塁へ送球したが、その間に武内が本塁を突いて3点目。楽天の守備の乱れを突いた3点という感じ。
しかし、6回表、そこまで安定していた村中が突然崩れる。先頭打者からいきなり4連打で同点。さらに暴投で1点を勝ち越され、次打者に死球をぶつけた所で、松岡に交代。松岡は続く3人を打ち取り、よくしのいだ。
6回裏、前の回にリリーフで出た濱矢から、四球とツーベースでチャンスを作ると、比屋根が2点タイムリーを打って、すぐに再逆転。
7回裏には、楽天3番手の寺岡から、死球・犠打・サードエラー・ヒットで1死満塁として、山崎のタイムリーで1点追加。さらに四球押出しでもう1点。
投手は7回まで松岡が投げて無失点。8回も梅野が無失点。3点差の9回表は星が登板し、代打の山田にホームランを一発食らったが、その1点にとどめて逃げ切った。

途中まで期待を持たせる出来だった村中が、一気に崩れたのには、ちょっとがっかりした。彼は、やっぱりもう厳しいのかなあ。
あと、宮本が今日はショートを守ったが、危なっかしい場面が多く、先日1軍登録があったとはいえ、そう簡単な道のりではないだろうなと思った。楽天のショート西巻が、昨日今日と好守を連発していたので、なおさらそんな感じがした。もっともヤクルトは、守備が酷くても、打てさえすれば上げる傾向があるけれどね。
20180630board
20180630kyujo
20180630end
20180630score

|

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(6/29) | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(7/1) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66886490

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対楽天(6/30):

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(6/29) | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(7/1) »