« 都市対抗野球南関東大会第一代表決定戦 ホンダ対日本通運 | トップページ | 天皇杯2回戦 名古屋対奈良クラブ »

交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(6/5)

2018.6.5 (火) 18時 神宮球場
H 020100030 6
S 13170000X 12
[勝]石川、[敗]攝津
[H]S:山田(攝津)、バレンティン(攝津)、青木(岡本)、H:今宮(石川)、市川(石川)、上林(村中)

6時30分頃に着いて、2回が始まる所。

先発投手はヤクルト石川、ソフトバンク攝津。
初回にヤクルトが1点先制してたが(青木のタイムリーツーベースだったらしい)、2回表に今宮のツーランで逆転され、やっぱりソフトバンクは強いわな、と思いかけた矢先のその裏、山田のスリーランで再逆転。3回裏にはバレンティンのソロホームランで5対2。しかし4回表に市川のソロホームランで5対3。乱打戦で、石川はまあ通常運行の範囲内かなと思ったが、攝津はちょっとヒドいと思った。
さすがにソフトバンクは3回で攝津を見切って、4回から岡本を投入してきたが、これが輪をかけてヒドかった。先頭の石川のヒットから7連打、ソフトバンクも投手を代えようにも誰も準備してなかったし、途中から、もう試合を捨てた感じで、この回は岡本に最後まで投げさせた。これで12対3になって、後はほとんどどうでもいい試合になっちゃった。
その後もヤクルトはそこそこチャンスを作ったが、追加点を挙げられず、逆に8回表に3番手で登板した村中が、上林にスリーランを食らったが、それでも12対6だからね。
9時を回っていたので、8回表が終わった所で引き上げた。スコアはその後は動かず、そのまま終ったとのことで。

ヤクルトはこれで6連勝。交流戦はソフトバンクと並んで首位。なんか間違ってる(^^;)
打線の好調が効いているのは間違いないが、先週までは投手が最低限の踏ん張りもできなくて、あまり生きてなかった。交流戦に入って、急に踏ん張れるようになったのはなぜ? あまり研究されてないパ・リーグの打者相手だと、うちの投手陣も通用するのかな? まあ、今日はともかく、その前のカードはパ・リーグ下位のロッテと楽天だから、単純に鵜呑みには出来ないんだけど、少なくともそういうチーム相手ならなんとかなるというのであれば、去年までよりはだいぶマシ、ということになる。
20180605kyujo
20180605board
20180605score

|

« 都市対抗野球南関東大会第一代表決定戦 ホンダ対日本通運 | トップページ | 天皇杯2回戦 名古屋対奈良クラブ »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66801382

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(6/5):

« 都市対抗野球南関東大会第一代表決定戦 ホンダ対日本通運 | トップページ | 天皇杯2回戦 名古屋対奈良クラブ »