« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(6/30) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(7/9) »

セリーグ ヤクルト対阪神(7/1)

2018.7.1 (日) 17時 神宮球場
T 060000000 6
S 012000002 5
[敗]寺島、[勝]小野、[S]ドリス
[H]T:俊太(寺島)

今年初めての阪神戦観戦。これで上下合わせれば、今季は12球団全部を観戦。そして、神宮でセリーグ全チームを観戦。

先発投手はヤクルトが寺島、阪神が小野。
去年ドラフト1位で入ったが故障で出遅れ、去年はほぼ1年棒に振った寺島。今年の5月に初めて下で見たけれど、大した印象もなかったし、今日はほとんど期待していなかった。チーム的にも、現在の投手事情では、誰を出してもどうせ打たれるし、今の打線なら打たれた分を取り返してくれるかもしれんからOK、くらいの感覚だったのでは、と推測。寺島は、ドラフト1位で取った以上、ファンにお披露目しないと、みたいな気持ちもあるだろうし。

寺島は初回は三者凡退だったが、きわどい打球もあって、危なっかしさは既にあったと思う。そして、2回1死後に俊介にホームランを打たれ、次の原口にヒットを打たれたところから、びびり始めた感じがした。制球がばらばらになり、2死は取ったが、その後4四球。タイムリー2本も打たれて6失点。この回で降板。次のチャンスはだいぶ先じゃないかなあ。
それでもその裏、打線が気配を見せて、3連打で1点。3回裏にも四球2つの後、タイムリーと内野ゴロで2点。3回から寺島に代わった大下が好投していたこともあり、3点差ならすぐ手が届くようにも思えたが、そこから小野を打てなくなった。7回に登板した藤川からは、ヒット2本と四球で2死満塁としたが、雄平が打ち取られ無得点。
7回以降は中澤、原樹理のリレーで無失点で切り抜け、3点差のまま9回裏。ドリスからヒットと四球で1死1-2塁として、山田のタイムリーで1点。バレンティンの犠飛でもう1点。ついに今日も打線発爆発かと思ったが、ここでも雄平が倒れて、1点差で終了。

いきなり6失点して、その後、小野がヨタってた時は、今日もボロカスな試合かよと思ったが、大下がよく試合を立て直したと思う。3時間半かかる長い試合ではあったけど、このところ壊滅的なヤクルト投手陣も、今日は寺島以外は無失点だったし、まあ悪くはない試合だったと思う。
20180701board
20180701kyujo
20180701end
20180701score

|

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(6/30) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(7/9) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66894425

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対阪神(7/1):

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(6/30) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(7/9) »