« 感想「ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所」 | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/22) »

イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/21)

2018.7.21 (土) 16時 浦安市運動公園野球場
観客 1016人
S 001002000 3
M 000000000 0
[勝]寺島、[S]梅野、[敗]渡邊
[H]S:村上(渡邊)

初めて来た球場。新しい球場らしく、きれいだった。バックネット裏からだと、(遠くに)海は見えるし、プロメテウス火山は見えるし、飛行機が次々飛んでくのが見えるし、隣の陸上競技場のスコアボードも見えるし(関東リーグのサッカーをやっていた)、気が散り放題(^^;)。

先発投手はヤクルト寺島、ロッテ渡邊。
寺島が下で先発して投げるのは初めて見た。正直、よくわからない。特に何か圧倒的なものを持っているわけではなく、ヒットはポツポツ打たれるし、制球が不安定になって四球でランナーを溜めることもある。でも、野手の好守にも助けられ、要所は締める。何がいいのか、よくわからないけど、結果的には6回無失点。そういえば、赤川にも、こんなふうな印象があったなあ、というのを思い出した。

ロッテの渡邊は、そんなに悪くはなかったが、ボールが先行しがちで、苦労していた印象はあった。
3回に渡邊自身のエラーで山崎が出て、村上のタイムリーでヤクルトが先制。6回には先頭の村上のソロホームランの後、大松・比屋根の連打から、内野ゴロでもう1点。
7回以降は双方継投に入り、ヤクルトは7回山本、8回松岡、9回梅野とつないだ。ちなみに、ロッテは7回関谷、8回高野、9回大隣。ランナーは出たものの、得点には至らず、そのまま3対0で終了し、ヤクルトの勝ち。

村上がサードの守備に就いていたので、興味津々で見ていたが、平凡なゴロをふたつ、無難に捌くだけの守備機会しかなかった。ショートに入った廣岡が、横っ飛びでヒット性の当りをふたつアウトにしたから、なおさら霞んでしまった。廣岡は、今日の守備は冴えてたな。グラブを出せば、ボールが吸い込まれてくる、という感じだった。
20180721board
20180721stadium
20180721end
20180721score
20180721gaikan1
20180721gaikan2

|

« 感想「ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所」 | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/22) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66966184

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/21):

« 感想「ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所」 | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/22) »