« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/21) | トップページ | J1リーグ第17節名古屋対広島 »

イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/22)

2018.7.22 (日) 13時 ロッテ浦和
S 400021041 12
M 000000001 1
[勝]山中、[敗]種市

昨日の浦安から移動して、今日はロッテ浦和。
空に雲は多いが、気温が高くてやたらと蒸し暑くて閉口。

先発投手はヤクルトが古野、ロッテは種市。
古野は育成から支配下登録になるという話が出ているそうで、それに向けた最終チェックかとも思えたが、2イニングで交代してしまったので、あまり関係はなかったのかもしれない。ちなみに、1安打1四球無失点だったが、この短いイニングの内容で、何か判断するということはない気がする。この後のヤクルトは小刻みに継投。
一方の打線は、初回に2死1-3塁から、ロッテのセカンドのエラーで1点先制すると、その後、宮本、松本の連続タイムリーで4点まで積み上げた。5回には2死満塁で、ロッテ2番手宮崎から山崎がレフトオーバーの当たりを放ち、2点タイムリー。6回、ロッテ3番手山本に対し、死球の村上を置いて、鵜久森がタイムリーツーベース。8回はロッテ4番手安江をメッタ打ちで4点、9回にもロッテ5番手阿部から村上がタイムリー。合計12点。
投手陣は、3回村中、4-5回山中、6回ウルキデス、7回村中、8回久古で無失点継投。しかし9回のジュリアスが、懸念はあったけれど、その通りで、制球の不安定さからいきなり無死満塁。三振で1死取った後、押出し四球で1点を失った。それでも次打者を二ゴロゲッツーに打ち取り、試合を何とか終わらせた。

新外国人投手のウルキデスが見れたのは良かった。たった1イニングだけど、球は速いようだし、制球も結構いい感じなので、期待してもいいかな、という感じ。
今日も村上がサードを守っていたが、守備機会はなかったと思う。ちなみに廣岡のショートは、そんなに難しい場面はなかったとはいえ、今日も快調だった。乗ってる感が感じられるプレーぶりだった。
20180722board
20180722kyujo
20180722urquidez
20180722end
20180722score

|

« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/21) | トップページ | J1リーグ第17節名古屋対広島 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/66975856

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/22):

« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/21) | トップページ | J1リーグ第17節名古屋対広島 »